2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 原子力安全・保安院はどこ? | トップページ | アメリカのうまい食べ物 »

2007年8月17日 (金)

変な名前の学部が増えたね

バブルが崩壊した頃からだろうか、大学に新しい名前の学部ができてきたのは。初めの頃は「環境」「情報」「総合」「人間科学」「政策」などが流行のキーワードだった。その後もどんどん斬新な学部名が登場し、「ビジネス」「現代」「デザイン」「マネジメント」「国際」などの言葉が流行っているようだ。

それらの学部名を眺めていると、流行のキーワードを適当に組み合わせて学部名にしているようにも思える。試しに順不同で適当に組み合わせてできる学部・学科名が実際にあるか調べてみた。

国際環境政策(×=地域環境政策ならあった)

人間情報科学(○)

ビジネスデザイン(○)

現代マネジメント(○)

総合情報デザイン(×=人間情報デザインはあった)

適当に組み合わせた言葉でも6割の確率で実在していた。

時代の変化に対応して新しい学問分野が登場するのは当然だ。しかし、こうした流行語(のように見える言葉)でつけた学問が本当にあるのか疑わしい。教授陣をみても、旧来の分野のセンセイ方が集まっているだけだったりする。

中でも不思議なのは、「現代」という言葉だ。「現代法学」「現代マネジメント」「現代社会学」「現代心理学」「現代生活学」(いずれも実在する学部名)という名称の「現代」にいったいどれほどの積極的な意味があるのだろうか?

その本質から、現代よりも前だけを対象とする学問分野(考古学、古典語学(古代ギリシア語、ラテン語など))を除けば、普通、学問は過去から現代まであらゆる時代を対象にするはずではないか? 仮に研究者によっては対象を現代に絞るとしても、学問そのものは過去からの積み上げの上に成立しているのではないか。

それなのに、むざむざと対象を「現代」に限定してしまうなんて、真理の探究を究極の目的とする学問にとって誠実な態度なのだろうか。そこまで深く考えているようには思えない。やはりそんな名称の学問が本当に存在するのか深い疑念を抱かざるを得ない。

また、お世辞にも新しい学問分野の開拓と教育をするために十分な人的・知的・物的資源に恵まれているとは言いがたい大学に新奇な名称の学部が多いのはどういうことだろうか。

状況証拠からは、大学淘汰の時代を迎えて、伝統的な学問分野での実績が不十分な大学が新奇な学部名で受験生の気を引こうとしているだけのように思われる。入学の時点ではネーミングで集客に成功したとしても、入学後の学生満足度のほどはいかがなものだろうか。

(その2へ)

« 原子力安全・保安院はどこ? | トップページ | アメリカのうまい食べ物 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/7574549

この記事へのトラックバック一覧です: 変な名前の学部が増えたね:

« 原子力安全・保安院はどこ? | トップページ | アメリカのうまい食べ物 »