2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« セブン&アイ・ホールディングスのブランド戦略への疑問 | トップページ | チェリビダッケのブルックナー・交響曲第9番を聴く »

2007年11月29日 (木)

国内旅行でイヤなこと

それは、貧相な宿泊施設(旅館、ホテル)だ。安普請で趣味の悪い内装、水垢が取りきれていない水周り、薄くて湿っぽい布団、日焼けした畳、安物のシャンプー・石鹸、見掛けだけ取り繕った感動のない料理、百年一日の朝食、まずいコーヒー。ところが値段だけは立派だったりする。 

そもそもレジャーでの旅行は、日常生活を離れて、美しい景色を見て、くつろいで心豊かな時間を過ごすことが目的だ。それなのに自宅より貧相な宿泊施設では何のためにわざわざ旅行に来たのかわからない。

大手の国際ホテル・リゾートチェーンは、価格と提供されるものの比例関係がきちんとしている。品質管理ができている。残念ながら日本国内の観光地では、国際水準を大きく上回る金額を出さないとまともな宿泊施設がない。

多くの観光地で旅館やホテルが経営に苦しんでいるという話も聞くが、本当にお客に来てもらいたいのなら、お客が求めているものをきちんと提供しなければならない。

お客はどこのどんな人で、どんな暮らしをしていて、旅行の目的は何で、ホテルには何を求めているのか。お客がこれまでに泊まったホテルと比べてどう評価しているのか。価格は高いのか安いのか。どういう点が満足で、どういう点が不満なのか。そういったことを必死で調べて、そのうえでどういう施設、サービス、料理をいくらで提供するのか。真剣に考えているのだろうか。

ただ惰性で今までやっていたことを繰り返しているだけでは、およそどんな商売だって傾くに決まっている。

ああ、日本のどこに行っても心豊かな時間が過ごせる宿泊施設がある日が早くきてほしいものだ。その日が来た確信が持てるまでは、せっかくの休暇は海外に足が向いてしまうことになるだろう。

« セブン&アイ・ホールディングスのブランド戦略への疑問 | トップページ | チェリビダッケのブルックナー・交響曲第9番を聴く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/9160438

この記事へのトラックバック一覧です: 国内旅行でイヤなこと:

« セブン&アイ・ホールディングスのブランド戦略への疑問 | トップページ | チェリビダッケのブルックナー・交響曲第9番を聴く »