2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« チェリビダッケのブルックナー・交響曲第9番を聴く | トップページ | 白人だからといって美人・イケメンばかりではない(当然だが!) »

2007年12月18日 (火)

サラリーマンで出世する方法

1.上司に可愛がられること

 サラリーマンはどんなに仕事ができたとしても、上司から評価されて、昇進させようと思われなければ出世の役には立たない。むしろあまりにできすぎると上司が警戒心を抱いて疎んじられるおそれすらある。基本は滅私奉公、相手に合わせることである。これに尽きるといってもいいのだが、どうすればいいかを以下にもう少し具体的に考えてみる。 

2.報・連・相をこまめにすること

 管理職は部下の仕事ぶりがどうなのかが大変気になるものだ。部下の仕事いかんによって自分の業績も左右されるのだから無理もない。そうした上司の不安を解消してあげることが大切だ。 

3.上司に逆らったり、批判しないこと

 イエスマンに徹することと言い換えてもいい。ごくまれに度量の大きい上司がいて、部下がイエスばかり言っているとかえって怒る場合もないとはいえないが、ほとんどの凡庸な上司は自分の考えに賛同してくれる部下を高く評価するものだ。 

4.上司を楽させること

 あなたの上司はたいていの場合中間管理職であるから、上と下に挟まれていろんな仕事を抱えている。言われた仕事を期日までに質・量ともにきっちりやり遂げるのはもちろん、余裕があれるときには上司に先回りして必要と思われる準備をやっておくとよい。上司はいちいち気を回したり細かく指示したりせずに済んでとても楽ちんだ。 

5.上司の趣味に合わせること

 上司がゴルフや釣り、マージャンなどが趣味で、会社の人間とも一緒にやりたいと思っているようなら、万難を排して一緒にやるべきだ。プライベートでの付き合いを深めることができれば、職場だけの付き合いの同僚たちより一歩も二歩も有利な立場に立てる。 

6.もちろん不祥事など起こさないこと

 法令や社内規則への違反、借金や異性関係のトラブルなど、論外である。 

私自身はどうしても「滅私」ができない。だからあまり出世しない。出世を人生のプライオリティにすることができないのだから、くやしいがそれができる人間に負けても仕方がない。

(その2へ)

« チェリビダッケのブルックナー・交響曲第9番を聴く | トップページ | 白人だからといって美人・イケメンばかりではない(当然だが!) »

ビジネス・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/9466130

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンで出世する方法:

« チェリビダッケのブルックナー・交響曲第9番を聴く | トップページ | 白人だからといって美人・イケメンばかりではない(当然だが!) »