2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 英語の上達法 その1 | トップページ | 変な名前の学部が増えたね その2 »

2008年1月31日 (木)

英語の上達法 その2

(その1はここ

4.辞書を引きすぎないこと

 知らない単語が出てくるたびにいちいち辞書を引いて単語帳に書くのは良くない。なぜなら三日坊主の原因になるからだ。そういう面倒くさいことが長続きするわけがない。それに母語だってすべての単語を知っているわけではないがいちいち辞書は引かない。前後の文脈から意味を推定しながら単語を覚えていくのだ。身近に大量の英語に触れていると、何度も見かけるのに意味のわからない、気になる単語が出てくる。こういうものこそきちんと辞書を引いて単語帳に書く必要がある。玉石混交の単語帳を作っても効率が悪い。 

5.頭の中で翻訳しないようにすること

 英語に触れているうちにだんだん頭の中で翻訳をしなくなってくるはずだ。英語を日本語に訳してから理解するのではなく、英語を英語のまま理解するのである。しかし、最初の頃から律儀に頭の中で翻訳する癖をつけてしまうとこの段階に上がれなくなってしまうおそれがある。関係代名詞など「~ところの」と後ろから前にひっくり返すことはできるだけ早くやめよう。 

6.辞書を引かなくても大体の意味がわかるようになったら本を一冊読み通すこと

 上記の2と4と5をしばらく続けていると辞書を引かなくても大体の意味がわかるようになってくる。6~7割の意味がわかるようになったら、興味のある分野の本(当然英語だけで書かれたもの)を読了することに挑戦する。興味のない本を英語で読み通すのは難行苦行なので、個人的に面白いと思える本にすることが大切。このときもあまり辞書は引かないほうがいいが、何度も出てくるキーワードの意味がわからないためにストーリーが追えないようなら、それは調べたほうがいい。一冊でも英語だけの本を読了すればかなりの自信がつく。調子に乗ったらどんどん挑戦を続けよう。 

6.リスニング上達には字幕を利用すること

 読み書きの世界だけにいては聞き話す力は付かない。話すためには相手の言っていることが聞き取れなくてはならない。聞き取りの上達には、字幕またはトランスクリプト(話している言葉を書いたもの)のある素材を使おう。初めの2回くらいは字幕を見ないで音を聴く。そして聞き取れなかった部分を意識しながら字幕を見る。このようにして実際にはどんな発音がされているのか覚える。

« 英語の上達法 その1 | トップページ | 変な名前の学部が増えたね その2 »

言語・外国語・英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/10120976

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の上達法 その2:

« 英語の上達法 その1 | トップページ | 変な名前の学部が増えたね その2 »