2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 「ベートーヴェンの交響曲」(金聖響・玉木正之)講談社現代新書 | トップページ | 毒入りギョーザ事件に対する中国の対応はあまりに拙劣 »

2008年2月22日 (金)

真に科学的で患者のためになる医学

「新しい創傷治療」というWebサイトを長年愛読している。外科医が作っているサイトで、外傷を早く・痛まず・きれいに治すために、傷口を消毒せず乾かさない治療法(湿潤治療)を提唱し続けている。 

このサイトに出会ってから怪我らしい怪我をしたことがないので、効果のほどを自分で体験することはできていない。それなのにこのサイトには惹きつけられてきた。

その理由は、作者(夏井氏)の徹頭徹尾理論的で実証的な態度にある。傷口は、まず消毒薬で消毒し、ガーゼを当てて傷口から出る浸出液を吸わせて乾かすという、従来の治療方法が科学的には何の根拠もないことをきわめて明快に説いている。 

夏井氏がこのサイトを開設し湿潤治療を提唱しはじめて最初の数年間は、大多数の同業者(外科医)たちから無視されたり変わり者扱いされていた。しかし、著書が出版され、同調する外科医も増えてきて、ようやく風向きが変わってきたようだ。最近では日本中の医師会や大学などで講演会にひっぱりだこにすらなっている。 

この経緯をサイトを通じてウォッチしていた私としては喜びに耐えない。そして、ピロリ菌が胃炎を起こすことを発見してノーベル賞を受賞したオーストラリアのバリー・マーシャル博士(ヨーグルトのCMに出ていた)とロビン・ウォーレン博士のことを思い起こす。 

強酸性の胃液の中では細菌は生存できるはずがない。胃炎はストレスによって引き起こされる。この2つの科学的には証明されていない思い込みが長年医学界を支配していた。しかし、両博士は思い込みに惑わされることなく、自分自身に人体実験も行って、偉大な発見に到達した。 

先入観にとらわれず原因を正しくつきとめて、患者にとって最善の治療法を提供したいという、真に科学的で患者のためを考えた医学を実践している一人の医師の存在を知ることができるのがとてもうれしいのだ。

« 「ベートーヴェンの交響曲」(金聖響・玉木正之)講談社現代新書 | トップページ | 毒入りギョーザ事件に対する中国の対応はあまりに拙劣 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/10688625

この記事へのトラックバック一覧です: 真に科学的で患者のためになる医学:

« 「ベートーヴェンの交響曲」(金聖響・玉木正之)講談社現代新書 | トップページ | 毒入りギョーザ事件に対する中国の対応はあまりに拙劣 »