2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 舞踏への勧誘~クナッパーツブッシュ名演集 | トップページ | 「日本語(新版)」金田一春彦 »

2008年3月31日 (月)

ビジネス書を読まない経営者

先日、新聞のコラムで大企業の経営者が古典はたくさん読むがビジネス書は読まないことを誇らしげに語っていた。大企業の経営者ともなれば、大局を読んで大きな舵を取るのが仕事だから、古典からは学ぶことがあるが小手先のテクニックは無用だと言いたかったのだろう。

この手の功成り名遂げた人たちが公の場で語ることを真に受けるのはナイーヴに過ぎる。きっとこの経営者も仕事の上で必要な情報はビジネス書だろうがなんだろうが手段を選ばずに得ているに違いない。もっとも大企業はスタッフが充実しているので、部下が要領よく資料をまとめて上げてくるだろうから、自分で情報を取りに行かなくても済むのかもしれないが。

カネボウの再建にあたり社長に起用された知識賢治氏は、膨大な量のビジネス書を読破して勉強していたことが、40代にして社長に大抜擢される力を養ったという。

経営者・管理職に読書は必要だ。「ビジネス書」とひと括りにすると、実際は役に立たない浅薄なハウツー本も含まれてしまうが、経営のための専門書を読んで学ぶことは今日の経営管理者には必要なことだ。松下幸之助のように自分の経験と思考だけで最先端の経営理論を構築できてしまう稀代の天才は別として、大多数の経営管理者は読書などの方法によって知識を他人から効率よく学ばなくては、変化する環境の中で適切な意思決定ができるとは思えない。

お神輿に乗っかっていれば格好がついた時代は終わり、今日の経営管理者は先の見えない中でリスクを取って指導力を発揮することが期待されている。このような力を持っているのは専門家としての経営者であり、ただお神輿に乗っかっている人ではない。経営の専門家である以上、専門的知識がなくてはならない。たくさんの研究者やジャーナリストが経営に関するいろいろな問題について調査研究した結果を著書として世に問うている。せっかくの知恵を吸収しないのはもったいないし、その努力を怠っていては競争相手に出し抜かれてしまう。無知な状態でリスクを取るのはただの放漫経営だ。

経営者は、度量が大きくて洞察力の鋭い人であるだけではなく、知識という武器も身につける必要がある。そのためには、読書は有力な手段の一つであり、ビジネス書(ただし浅薄なハウツー本を除く)もレパートリーに欠かせない。

« 舞踏への勧誘~クナッパーツブッシュ名演集 | トップページ | 「日本語(新版)」金田一春彦 »

ビジネス・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/12019346

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス書を読まない経営者:

« 舞踏への勧誘~クナッパーツブッシュ名演集 | トップページ | 「日本語(新版)」金田一春彦 »