2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 真に科学的で患者のためになる医学 | トップページ | 日本郵政・西川社長は怒る相手を間違えている »

2008年3月 1日 (土)

毒入りギョーザ事件に対する中国の対応はあまりに拙劣

中国製冷凍ギョーザから殺虫剤が検出された事件で、中国当局が一方的に日本側を批判したうえ、中国での混入の可能性を否定した対応は、拙劣で中国の利益にもならない。 

この問題に早く幕を引きたいのなら、原因を早く究明して公表することしかない。原因を明らかにしないまま責任を押し付けようとしている限り、日本の(そしておそらく世界中の)消費者は中国製品に対する信頼を回復することはできない。 

言論統制が当たり前で当局に逆らうことができない国ならいざ知らず、世界のほとんどの国では「当局が言っているから」というだけの理由で問題が消えることなどありはしない。むしろ不自然な、納得できない形で当局が無理に問題を押さえ込もうとしていることが見え見えだと、いつまでもくすぶりつづけるものだ。中国当局にはこの世界の常識が欠けている。 

それと、もうひとつの中国当局の誤りは、この問題を自分たちで勝手に国家レベルの問題にしてしまったことだ。昨年日本では食品偽装問題が多発したが、それらはすべて個々の企業の法令遵守・企業倫理の問題と捉えられている。偽装問題が多発したからといって、それが日本国家の威信の問題だと考えている人はまずいない。 

殺虫剤が入っていたのは天洋食品という一企業の一部の製品である。中国当局は、あくまでも一企業で起きた事件として真相を究明し、責任者/犯人を処罰すればよいのであって、仮に混入が中国国内で起きていたとしても中国国家の威信とは関係ない。なぜ国家の威信がかかっているかのような対応をするのだろうか? まるで犯人を中国国家が匿っているようだ。 

不自然な中国当局の対応を無理にでも説明しようとすれば、毒物混入に中国の当局者が関わっていたことが判明したため隠し通すしかなくなった、というようなストーリーを想像するしかない。いくらなんでもまさかね。 

いずれにせよ、中国が中国製品に対する信頼を回復して輸出を増やそうとするなら、真相究明しかない。臭いものに蓋をすればいつまでも問題はくすぶりつづけ、中国は信頼されないままだ。

« 真に科学的で患者のためになる医学 | トップページ | 日本郵政・西川社長は怒る相手を間違えている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん、コメントありがとうございます。

防衛省は、日頃の業務で重い守秘義務を負っているため、不祥事についても”癖”で秘密を守ってしまうのかもしれませんね。bleah

まさしくおっしゃる通り。今回の対応は中国にとっては何のメリットもなく,中国製品に対する信頼を失墜させ,疑念を高めるだけということが,当局はわかっていないですかねぇ。

きっとどこかの国の「防衛省」って役所も同じメンタリティですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/10849482

この記事へのトラックバック一覧です: 毒入りギョーザ事件に対する中国の対応はあまりに拙劣:

« 真に科学的で患者のためになる医学 | トップページ | 日本郵政・西川社長は怒る相手を間違えている »