2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 「変な学術研究1・2」エドゥアール・ロネ | トップページ | 寄付をするなら経費率に注意しよう »

2008年5月11日 (日)

「I Love A Piano」今井美樹

066 中年音楽狂氏強い推薦に惹かれて聴いてみた。何年か前に「微笑みのひと」をテレビドラマのテーマソングで耳にして印象に残っていたボーカルだった。 

透明感とともに柔らかさを感じさせる歌声で、すぐ傍で歌いかけられているような臨場感があり、引き込まれる。歌声の音程感が明確で、伸びがある。「微笑みのひと」で感じた長所がさらに純度を増している。

他の録音も聴いてみたくなり、手に入った旧作も聴いてみた(「IMAI MIKI from1986」、「Blooming Ivory」)。1990年代前半くらいまでは、最大の持ち味である声の透明感はあるが硬質でニュアンスに乏しい。強調するためにマスタリングでかなり音質を操作しているように感じられる。シンセサイザーや効果音を多用した安っぽいアレンジがうるさくて、ボーカルの存在感がかき消されている曲もある。バリエーションを増やすためか、ビートの利いた曲もあるが、持ち味に合っているとは思えなかった。

余分な調整をしない本来の声の質なのか、歳を加えるにつれて声が変わってきたのかわからないが、本作の方が声に柔らかさがあり、ずっとニュアンスに富んだ表現になっている。伴奏もピアノだけで、しかも上手いピアニストばかりなので、ボーカル、ピアノ双方のそれぞれの特質がよくわかる上質な仕上がりだ。選曲も持ち味によく合ったものだけを賢明に選んでいる。

« 「変な学術研究1・2」エドゥアール・ロネ | トップページ | 寄付をするなら経費率に注意しよう »

音楽」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん、コメントありがとうございます。長旅おつかれさまでした。良いアルバムを教えていただき感謝しております。

理屈庵さん,こんにちは。

このアルバム,やはりよいです。出来が期待を大きく上回ると,皆さんとシェアしたくなるというのが人情ですねぇ。今井美樹が出ていた映画「象の背中」を私は批判しましたが,このアルバムは全面的にバックアップしていきたいと思います。

TBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/20900439

この記事へのトラックバック一覧です: 「I Love A Piano」今井美樹:

» 今井美樹が7人のピアニストとデュオでしっとりと [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
I Love a Piano 今井美樹(Virgin/EMI) これは驚いた。今 [続きを読む]

« 「変な学術研究1・2」エドゥアール・ロネ | トップページ | 寄付をするなら経費率に注意しよう »