2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« アマゾンの「ほしい物リスト」 | トップページ | 「春の祭典」ストラヴィンスキー »

2008年5月31日 (土)

上司マーケティング~サラリーマンで出世する方法(その2)

以前「サラリーマンで出世する方法」で、要は滅私奉公だと書いた。滅私奉公とは古めかしい言い方だったが、これを言い換えると上司マーケティングだ。

 
通常のマーケティングでは、

  売上げを増やしたい→顧客が望んでいる商品を開発する

という発想が基本になる。

 
上司マーケティングでは、

  出世したい→上司が望んでいる言動をする

が根本の発想である。
 
共通しているのは、自分の目的を達成するのに鍵を握っている人(達)が何を望んでいるのかをまず理解して、それに応える方法を考えるということだ。 

今日の(通常の)マーケティングでは、飽食・モノ余りの時代に顧客が何を望んでいるのかを把握することが困難になっており、統計的な調査分析手法などマーケティング・イノベーションに多額の投資がされている。 

一方、上司マーケティングでは、これまで経験的に上司の顔色を伺って、勘の良い一部の人達だけが上司が望んでいることを的確に理解し、それに応えることで出世してきた。 

吉田典史のこの記事 この記事では、どの職場にもあるエクセルを使って上司や同僚の言動から相手が何を望んでいるのかを分析する手法(「吉田スペシャル」、「吉田デラックス」」が提案されている。これまで勘の良い人達が頭の中で直感的に行っていたことを、パソコンをつかって見える化し、だれにでもできるようにする手法である。 

これは上司マーケティングのイノベーションと言っていいだろう。上司が何を望んでいるのかよくわからなくて悩んでいる人は試してみる価値がある。 

他方、マーケティングでは顧客をセグメント(一定の基準に従ってグループ化)することも重要な手法の一つだ。セグメントごとの顧客の嗜好や行動のパターンに基づいて、提供する商品の内容や販売方法を考えるという方法である。 

加納光のこの記事 の後半にある、「上司のタイプ別攻略法」は上司の仕事のやり方の癖に応じて部下としての上手な対応方法をまとめたもので、いわばパーソナリティを基準とした上司セグメント・マーケティングだ。この記事は女性向けに書かれたものだが、「上司のタイプ別攻略法」は性別に関係なく応用が可能だろう。 

「吉田スペシャル」で上司のタイプを把握し、「上司のタイプ別攻略法」を応用するという合わせ技も試してみてはいかがだろうか。

« アマゾンの「ほしい物リスト」 | トップページ | 「春の祭典」ストラヴィンスキー »

ビジネス・経営」カテゴリの記事

コメント

うちの場合、マネージャーまではそこそこ行けるのですが、その先がカオス┐(´∀`)┌
ま、マネージャーの収入があれば、コスパの合わない先は望みませんが。。発言権がちっちゃいのが難かな(哀)

うーん、素晴らしいです。
上司の好みの見える化、これを社内テキストにして全社員が活用できるようになったらめちゃくちゃおもしろそうですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/21302770

この記事へのトラックバック一覧です: 上司マーケティング~サラリーマンで出世する方法(その2):

« アマゾンの「ほしい物リスト」 | トップページ | 「春の祭典」ストラヴィンスキー »