2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« さけ中骨の缶詰 | トップページ | セル指揮のマーラー「交響曲第6番」 »

2008年8月 7日 (木)

googleストリートビューに驚いた

Strtvw 既にネットでは話題が沸騰しているようだが、無理もない。東京や大阪など主要都市ならば、住宅街の路地まで数十メートル間隔で撮影した写真がWebで見られるのだ。昔住んでいた場所を見て感慨にふけったりしていると1~2時間はあっという間に過ぎてしまう。

 

特段難しいことは何もないが、見る方法は次のとおり。

1.まずhttp://www.google.co.jpにアクセスする。

2.検索ワードに見たい場所を入力する。たとえば、「東京駅」「大阪市中央区大手前2丁目」など。

3.左上の「地図」をクリック。

4.表示された地図の上方にある「ストリートビュー」をクリック。

5.地図または衛星写真中の青い線で囲まれた道路がストリートビューの対象になるので、見たい地点をクリックする。

6.画面上にストリートビューの吹き出しが表示される。写真上をドラッグしたり、写真ウィンドウのコントローラを操作したりして、写真の大きさや見える範囲を変えることができる。

 

デジタル化できるあらゆる情報をデータベース化しようとするgoogleの戦略の徹底振りには本当に感心する。このストリートビューのようなことは、技術的には10年以上前から可能だったと思うが、ここまで徹底的に写真撮影とデータ処理の手間ひまをかけて実行するところがgoogleのすごさだ。

 

どうやって撮影したのかという疑問がわいてくるが、写真の中には回転させてみるとワゴン車が写っているものがあり、どうやらワゴン車の屋上に広角レンズをつけて撮影しているようだ。

 

また、ストリートビューの面白さに輪をかけているのが、偶然写ってしまった人々の姿だ。立ちション、喧嘩、ラブホテルに入るところ等など、既にいくつか「まとめサイト」が作られて情報が集積されつつある。決定的瞬間ではなくても、たまたまgoogleの撮影車が通りかかったときに居合わせたことで、瞬間を固定され、世界中どこからでも見られるようになってしまったことに不思議さを感じる。しばらくはいろいろな瞬間が発見されて話題になるだろう。

« さけ中骨の缶詰 | トップページ | セル指揮のマーラー「交響曲第6番」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/22840595

この記事へのトラックバック一覧です: googleストリートビューに驚いた:

« さけ中骨の缶詰 | トップページ | セル指揮のマーラー「交響曲第6番」 »