2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 消費者マーケティングの基本認識 | トップページ | googleストリートビューに驚いた »

2008年8月 6日 (水)

さけ中骨の缶詰

Vfsh0030 最近、スーパーでさけ中骨水煮の缶詰が100円くらいで売られている。これがちょっといい。

 

子供の頃、さけ缶に中骨が入っていると兄弟で争って食べたものだった。缶詰は高温で煮てあるので、骨も柔らかくなっている。あの独特の歯ざわりがみんな好きだったのだ。もちろん、育ち盛りの子供にとってカルシウムの補給にも良い。

 

あれから数十年経って、カルシウムの補給はどちらかというと骨粗しょう症の予防のために必要な歳になってしまったが、中骨の歯ざわりは今でも好きだ。その中骨だけが缶詰になっていて、しかも安いので、気に入ってしまったわけだ。

 

栄養の点でも注目すべき特徴がある。栄養成分表示を見ると次のようになっている(メーカーはマルハ/ホニホ)。

 

エネルギー 78 / 100 kcal

たんぱく質 11.5 / 16.2 g

脂  質  3.9 / 3.2 g

炭水化物  0.7 / 0.1 g

カルシウム 1400 / 2200 mg

 

筋肉と骨の維持に必要なたんぱく質とカルシウムが非常に多く、炭水化物がほとんど含まれていない。脂肪は少しあるが、魚の脂肪なので、気にすることはない。血糖値を上げる成分がほとんどないので、肥満の原因になりにくいといえる。

 

欠点としては、なんとなく貧乏な人が食べるもののようなイメージがあるからか、家人が冷淡なことである。

« 消費者マーケティングの基本認識 | トップページ | googleストリートビューに驚いた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/22820529

この記事へのトラックバック一覧です: さけ中骨の缶詰:

« 消費者マーケティングの基本認識 | トップページ | googleストリートビューに驚いた »