2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« モーツァルト大全集~交響曲全集 ヤープ・テル・リンデン指揮モーツァルト・アカデミー・アムステルダム | トップページ | 演歌は日本人の心か »

2008年9月29日 (月)

ショスタコーヴィチ「ジャズ組曲」クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団

990 運動会のようなマーチで始まり、その後も性格のはっきりした劇伴やジンタのワルツのような音楽が続く。とにかくわかりやすい。小学校の運動会にぴったりだ。

 

弦楽四重奏や交響曲で見せる悩める近代人の顔はここにはない。

 

あまりに普段抱いているショスタコーヴィチのイメージとの落差に驚いて、いったいこの音楽は何なのかとライナーノートを読んでみると、大衆向けのオーケストラのために書いた作品だという。

 

さすがショスタコ、実用音楽なら実用音楽なりにきっちりと楽しめるものを書いている。名人がその気になって相手の期待に応えようとすればやはりそれなりに一流であると感心した。

 

ショスタコーヴィチの本領でないことは間違いないが、巨匠の一面を知って損はないと思った。

 

Dmitry Shostakovich: Jazz Suites

Theodore Kuchar, National Symphony Orchestra of

Ukraine

Brilliant Classics 7096

« モーツァルト大全集~交響曲全集 ヤープ・テル・リンデン指揮モーツァルト・アカデミー・アムステルダム | トップページ | 演歌は日本人の心か »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/24126892

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ「ジャズ組曲」クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団:

« モーツァルト大全集~交響曲全集 ヤープ・テル・リンデン指揮モーツァルト・アカデミー・アムステルダム | トップページ | 演歌は日本人の心か »