2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« ファミレスの落日 | トップページ | ショスタコーヴィチ「ジャズ組曲」クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団 »

2008年9月28日 (日)

モーツァルト大全集~交響曲全集 ヤープ・テル・リンデン指揮モーツァルト・アカデミー・アムステルダム

41nk6xcnqnl_ss500_ クラシックCD箱物の安さにつられて買い込んだ未聴CDを大量に抱え、心は豊かである。最近では、もちろんバロック・マスターワークス60枚組も入手してある。

 

現在、170枚組のモーツァルト大全集を順番に聞いているところで、最初の11枚の交響曲全集を聞き終えた。簡単に感想を。

 

ヤープ・テル・リンデン指揮モーツァルト・アカデミー・アムステルダムの演奏はピリオド様式である。ピリオド様式といってもさまざまで、中には非常に鋭角的な印象を与えるものもある。リンデン達のは、月並みな表現かもしれないが、人肌のぬくもりのような、アトホームな印象である。

 

近代オーケストラは、正確さ・機能的な完璧を指向するがゆえに人間の不完全性を許容せず緊張を強いるような側面がある。リンデン達の演奏は、機能的には不完全なところがあっても、人間らしくゆったりやろうやというような余裕を感じさせ、リラックスさせてくれる演奏だ。

 

モーツァルトがユーモアを愛した人物だったとすれば、ご立派で圧倒的な演奏よりも、このような演奏を好んだかもしれない。

 

作品については、これまで後期の有名曲しか知らなかったので、どうしてもなじみのある曲が楽しめたが、初期の交響曲もモーツァルトの個性は感じられ、聞き込んでいくに連れてその魅力が深まることが期待できる。


Wolfgang Amadeus Mozart Complete Works

Volume 1: Symphonies

Jaap ter Linden, Mozart Akademie Amsterdam

Brilliant Classics 92450

« ファミレスの落日 | トップページ | ショスタコーヴィチ「ジャズ組曲」クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/24093519

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト大全集~交響曲全集 ヤープ・テル・リンデン指揮モーツァルト・アカデミー・アムステルダム:

« ファミレスの落日 | トップページ | ショスタコーヴィチ「ジャズ組曲」クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団 »