2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 今、選挙をやられても困る | トップページ | 朝からしっかりランチ? »

2008年9月 3日 (水)

「マタイ受難曲」バッハ

信仰心が薄い私のような人間にとっても、音楽の美しさを通じて表される真摯な感情は感動的である。キリスト教というひとつの宗教を超えて人の心に迫る普遍的なものがある。誰かが無人島に持っていく1枚のCDに挙げていたような記憶がある。まさにそれに値する作品だ。

リヒターの1979年録音をかなり前に買って持っていたのだが、1回聞いただけでとっつきにくいと感じて10年以上も放置していた。ウォークマンを買って通勤途上の時間に音楽を聴くようになり、無駄な時間の活用だから、いままで敬遠していた作品になじむ機会にしようと考えてこの曲を選んでみた。しっかりと聴き込むような聴き方ではなかったが、何度か通して聴くうちにこの曲の良さがわかるようになってきた。歌詞も見ないでただ音を聴くだけなので、真髄に迫っているとか言うつもりはまったくない。しかし、純音楽として聴いているだけでもだんだん伝わってくるのだ。

“聴かず嫌い”だったときは、「受難曲」というタイトルから、辛気臭い暗く悲しい音楽が延々と続くものを想像していた。しかし、実際の「マタイ受難曲」は、もちろん悲しい音楽もあるが、幸福、愛情、悲しみ、諦観といった人間の感情を幅広く表現するものだった。一貫して聴かせる歌心がある。独唱、合唱、オーケストラ、オルガンといろいろな要素が入っており、音楽としての楽しみが詰まっている。

 

 

J. S. Bach: Matthaüs-Passion BWV244

Bach Collegium Japan, Masaaki Suzuki BIS-CD-1342/1344 (Johannes-Passionとセット)

Münchener Bach-Orchester, Karl Richter Archiv 413 613-2

Choer et Orchestre de la Chapelle Royale, Philippe Herrewege harmonia mundiCoffret du 50ème anniv ersaire de Harmonia Mundi

780 922_2 Coffret_du_50me_anniversaire_de_h_3

« 今、選挙をやられても困る | トップページ | 朝からしっかりランチ? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/23469602

この記事へのトラックバック一覧です: 「マタイ受難曲」バッハ:

« 今、選挙をやられても困る | トップページ | 朝からしっかりランチ? »