2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« マルチ商法は本質的に反消費者だ | トップページ | 京都市のコンビニ深夜営業規制議論 »

2008年10月20日 (月)

保育園児を盾にした卑劣な保育園経営者

20081016日に大阪府が第2京阪道路の建設予定地の用地買収に応じなかった保育園の畑を行政代執行で強制収用したことを、報道では保育園児たちが楽しみに育てていた畑を無慈悲で強権的な大阪府側が踏みにじったように伝えていた。

 

ところが、大阪府は今年の春から保育園側と協議を申し入れており、強制収用の日程についても連絡していたという。保育園側はこの日に強制収用があることを数か月以上前から知っていたわけで、それまでに芋掘りをしておかなければどうなるかを十分わかっていたことになる。

 

保育園理事の松本剛一は、強制収用の時点で畑を収穫しておかなければ、大阪府=強者、保育園=弱者という構図を効果的にマスコミにアピールできると計算していたのだろう。そして、単純な図式が大好きなマスコミが計算どおりに報道してくれたので、ニンマリしているにちがいない。

 

保育園児を盾にして弱者を演じる松本剛一はかなり腹黒い人間だが、こんな単純な図式でしか報道できないマスコミもかなりレベルが低いといわざるを得ない。公権力の行使が間違っているときには厳しく批判するのがマスコミの使命だが、間違ってもいないときまで安直な図式で行政を悪者にするのはマスコミの社会的責任に対する罪である。

« マルチ商法は本質的に反消費者だ | トップページ | 京都市のコンビニ深夜営業規制議論 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/24601015

この記事へのトラックバック一覧です: 保育園児を盾にした卑劣な保育園経営者:

« マルチ商法は本質的に反消費者だ | トップページ | 京都市のコンビニ深夜営業規制議論 »