2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« ステファンとは俺のことか | トップページ | マルチ商法から献金を受ける衆議院議員 »

2008年10月13日 (月)

いまだに見る試験の夢

もう40代も後半に入っているのだが、いまだに大学の試験の夢をときどき見る。入試ではなく、期末試験だ。

 

期末試験が迫っているというのに、私はどの科目の授業にも1回も出たことがなく、教科書もノートも持っていない。学期の初めに科目登録をしたきり、何曜日の何時にどの教室で授業があるのかまったく気にしないまま徒に日々を過ごしてしまったためなのだ。自分がどの科目をとっているのかすら、書類を確認しないとわからない体たらくだ。ここで単位を取れないと卒業もできなくなり、これからの人生の計画が大きく狂って取り返しのつかないことになる。

 

まだ1、2回は授業があるかもしれないのでそれだけでも出ようかと考えたり、せめて教科書だけでも手に入れようかと考えたりしながら、いまさらながら自分の怠慢ぶりを後悔している。

 

ストーリはこの優柔不断な状況をぐるぐる回るだけで、これ以上展開しない。なぜか試験当日を迎えるところまではいかないのだ。

 

現実には、成績は悪かったが大学の試験で単位を落としたことはない。なのになぜこんな夢を繰り返し見るのかは謎だ。実生活での何かの不安が大学の試験に形を変えて夢に出てきているのかもしれない。最近はフロイト式の夢判断はあまり流行らないようだが、もし解明できれば試験の夢を見なくなるかもしれない。

(その2はこちら

« ステファンとは俺のことか | トップページ | マルチ商法から献金を受ける衆議院議員 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/24447768

この記事へのトラックバック一覧です: いまだに見る試験の夢:

« ステファンとは俺のことか | トップページ | マルチ商法から献金を受ける衆議院議員 »