2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 「七瀬ふたたび」NHK | トップページ | 法人減税は「大企業優遇」か? »

2008年12月27日 (土)

ヘンデル「メサイア」バッハ・コレギウム・ジャパン(2008)

Bcjlogo21

20081223日にサントリーホールで行われた演奏会を聴いた。例年バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の「メサイア」を聴いているのだが、その都度、版、ソリスト、座席が違うので、印象も毎回少しずつ異なる。

 

今回は、座席が2階RB(右側)だったので、舞台との距離は近かった。オルガン(今井菜緒子)やチェンバロ(鈴木優人)の手元が良く見えた。舞台上にBCJの合唱は弧を描いて配置されていたので、左側の女声が良く聞こえた反面、男声合唱は聞こえにくかった。

 

ソプラノのレイチェル・ニコルズは声量があり美声だったが、弱音部になるとニュアンスがわかりにくかった。同じくソプラノの藤崎美苗は、やや緊張しているように見えたがBCJらしい清澄な歌声だった。カウンターテナーのクリストファー・ローリー(連れ合いはお笑いコンビ「ジョイマン」の高木に似ていると言っていた)は、柔らかな声でニュアンスもあったが、フォルテッシモではやや声量が物足りなく聞こえた。テノール櫻田亮は安定していた。テノール水越啓は1回しか出番がなかったせいか、やや硬い感じを受けた。バスのドミニク・ヴェルナーは声量・表現力に富んだが、後半、力強さが衰えたように感じた。以上の感想はいずれも2回RBというかなり横から聴く位置だったことが影響している可能性がある。

 

合唱を含め、日本人歌手の英語はカタカナ調の発音が気になった。例えば、18.Chorusの‘burthen’(現代語ならburden)を「バーデン」と/a:/という母音で歌っていたのは英語になっていない。

 

鈴木雅明の指揮は、蒸留水のように済んだ響きの奥に音楽のメッセージを見出させるBCJのスタイルである。薄味なのでドラマティックな演奏に比べると聞き手側の積極的鑑賞力が求められる。

 

あらためてハレルヤコーラス(39.Chorus)は充実した音楽であることを実感させてくれた。繰り返される「ハレルヤ」のフレーズが印象的で通俗的に有名だが、通俗名曲は真の名曲である。

 

キリスト教は信じていない私だが、40.Ariaの歌詞をじっくり読みながら演奏を聴いていたら涙が出そうになった。

 

I know that my Redeemer liveth,

and that he shall stand

at the latter day upon the earth.

And tho’worms destroy this body,

yet in my flesh shall I see God.

 

For now is Christ risen from the dead,

the first fruits of them that sleep.

 

全体としては満足な演奏会だった。

« 「七瀬ふたたび」NHK | トップページ | 法人減税は「大企業優遇」か? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/26526104

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデル「メサイア」バッハ・コレギウム・ジャパン(2008):

» ヘンデル「メサイア」HWV.56 [オペラの夜]
2008年12月20日(土)16:00/兵庫芸術文化センター 指揮/鈴木雅明 ソプラノ/レイチェル・ニコルズ/藤崎美苗 カウンターテナ−/クリストファー・ローリー テノール/櫻田亮/水越啓 バス/ドミニク・ヴェルナー バッハ・コレギウム・ジャパン(古楽器オーケストラ&合唱)  今日の演奏で使用された楽譜は、1742年のダブリンに於けるメサイア初演の翌年、ロンドンでの再演の際に使用された版を基に、鈴木兄が手を入れたものらしいが、その辺りの細かい説明はパンフレットに記載されていない。メサイアには作... [続きを読む]

« 「七瀬ふたたび」NHK | トップページ | 法人減税は「大企業優遇」か? »