2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 2008年冬の風邪の症状 | トップページ | この飲食店がだめな理由 »

2008年12月24日 (水)

英語の授業は英語で

文部科学省が発表した高校の学習指導要領案で、英語の授業は英語で行うことが初めて記された。英語で授業ができる英語教師は少数しかいないだろうから、高校の英語の先生の皆さんは慌ててるだろう。しかし、これは正論だ。

 

中・高校で教える英語は、学問ではなくて生活の道具だ。道具なのだから、実際に使っているところを見せるのは当然だし、使うことで使い方を体得していくべきものである。

 

ところが、これまで英語を話せない教師が多数を占める実態を隠蔽するために、実際のコミュニケーションの手段として英語を話す場面ができるだけ少なくてすむように配慮(?)されてきた。

 

アジア諸国の中でも日本人の英語力の低さがはっきりしてきて(TOEFLの平均点が日本は最低)、これまでのような似非英語授業でごまかしていくわけにはいかなくなったということだろう。

 

英語教師の皆さん、せいぜい英語を猛勉強して、早く英語で授業できるようになってください。

« 2008年冬の風邪の症状 | トップページ | この飲食店がだめな理由 »

言語・外国語・英語」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん、こんばんは。
貴兄にご指摘いただいてから毎日更新を目指してきましたが、非才で実行できておりません。無理してアップしていますがくだらない記事が多く恥ずかしい限りです。
今後もあたたかく見守ってやってください。
良いお年をお迎えください。

理屈庵さん,こんばんは。ご無沙汰しています。

「英語教師の皆さん、せいぜい英語を猛勉強して、早く英語で授業できるようになってください。」ってのははっきり言って無理じゃないですか?よしんば英語で授業をしたとしても,正しい発音で,かつ活きた英語をしゃべれるとは思えないですね。

ただ,英語教員にはTOEFLのミニマム・スコアを課すぐらいはやって欲しいものです。できない人に教えられたくないですからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/26414332

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の授業は英語で:

« 2008年冬の風邪の症状 | トップページ | この飲食店がだめな理由 »