2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« オーバースペックの官僚がろくでもないことをする | トップページ | 「世界の言語入門」黒田龍之助 »

2009年2月 8日 (日)

ソイプロテインとホエイプロテイン

ホエイプロテイン(牛乳からチーズを作った後に残る乳清が原料)の方が吸収が早くて効果が高いというので、ずっとホエイを使用していた。

 

しかし、最近の食料高の影響でホエイプロテインが値上がりしたことと、ソイプロテイン(大豆から油を絞ったかすが原料)は吸収は遅いがそれに留意した摂取の仕方をすれば効果は変わらないという説明も見たので、ソイに変えてみた。

 

ソイは水に溶けにくい。ホエイは少量の水でも溶解して透明な溶液になるが、ソイはただ混ざっているだけで混濁している。水の量が少ないとドロドロになってしまい、「飲む」というよりは「食べる」感じになる。レモン汁を混ぜるとドロドロになりにくく、さらさらの懸濁液になって飲みやすい。

 

風味は、ホエイはものによっては獣臭いことがある。ソイは、粉っぽいが、嫌なにおいがすることはない。慣れれば風味を添加しなくても飲める。

 

ソイは腹持ちがいいといわれることがある。上述のとおりホエイは溶液になるので、飲んだ後すっと下がって行ってしまう。ソイはしばらく胃の中にとどまっている感じがある。ただし、たんぱく質を取るだけでは血糖値が上がることはないので、充実した満腹感のようなものを感じるわけではない。あくまでもホエイに比べれば多少腹にとどまる時間が長い程度だ。

 

ホエイを取りすぎるとおならが臭くなる。ソイも取りすぎるとおならが出るが、ホエイのようなたちの悪い臭さはない。周囲の人に迷惑をかける度合いが低くてすむ。

 

そして筋肉肥大効果についてだが、効果がはっきりするほど追い込んだり、測定したりはしていないので、残念ながらわからない。かなり本格的にやっている人でもソイの愛用者がいるようなので、効果はあるのではないだろうか。アミノ酸スコアが100のたんぱく質であることには変わりない。

« オーバースペックの官僚がろくでもないことをする | トップページ | 「世界の言語入門」黒田龍之助 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/27901710

この記事へのトラックバック一覧です: ソイプロテインとホエイプロテイン:

« オーバースペックの官僚がろくでもないことをする | トップページ | 「世界の言語入門」黒田龍之助 »