2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

絶滅の危機に瀕した言語

世界には絶滅の危機に瀕している言語が多数ある。その言葉を話す人の数が数人とか一人とかになってしまったり、数十人いても全員がお年寄りだとか。

 

「絶滅の危機に瀕している」と言われれば、反射的に「保存・保護しなくちゃ」「何とか存続させられないものだろうか」と考えてしまいがちだ。しかし、本当にそうするべきなのだろうか。

 

場合に分けて考える必要があるだろう。他言語の話者が権力を握っていて、権力によってその言語を弾圧している結果、絶滅の危機に瀕しているといった場合には、「保護しなくちゃ」というのは正しい反応である。

 

他方、別に誰も強制はしていないのに、その言語の話者たちが自由意志でもって子供たちは他の言語を話すように仕向けているといった場合はちょっと違うのではないか。そのような場合にまで、その言語共同体に属しない人間が「何とか存続させられないものだろうか」と介入するとしたらただのおせっかいだ。

 

もちろん、人間の文化の形態の記録としてそうした言語の記述が残ることは望ましい。ある言語が滅びることによって、その言語で伝承されていた文芸・話芸・歌なども失われてしまうのは事実だ。相互理解の促進を取るか、伝承の価値を取るかの厳しい選択を迫られる場合もあるだろう。しかし、当の話者たちが存続を切望していないとしたら、保存運動はいらぬお世話だろう。

 

バベルの塔の神話が端的に示すように、人類は多数の異なった言語を話すが故に相互理解が妨げられている面がある。言語の種類が減ればそれだけ相互理解が進む可能性がある。子供には他言語を身につけさせて、他地域・外国の人達との意思疎通ができるようにしてやりたいという親心は正しいように思われる。

2009年4月29日 (水)

しゃっくりを止める方法

しゃっくりが止まらなくなると、みっともないし、長時間続くと気分も悪くなってくる。

 

しゃっくりを止める方法はいろいろな伝承があると思われるが、私が実践するのは次の二つだ。

 

最初に試すのはこれ。

 

1.深呼吸して息を止める。そして、息を止めたまま唾を3回飲み込む。

 

これで止まらないときは次に行く。

 

2.コップに氷数個と水道水をいっぱいに入れる(つまりコップいっぱいの氷水を作る)。この氷水を一気飲みする。一回で止まらなかったら繰り返す。

 

上記の方法で止まらなかったことは今までにない。

2009年4月25日 (土)

世襲制限で先を行った民主党

Logo 民主党は、選挙区を世襲して立候補することを制限する党内ルールを具体化した。これは日本の政治家の質を向上させるための大きな前進だ。

 

一方、自民党は、党内の世襲議員の比率がきわめて高いこともあり、麻生総理も「憲法上の職業選択の自由に抵触する」云々の理由を挙げて世襲制限の検討は遅々として進んでいない。あそこまで大胆な破壊=改革を断行した小泉元総理ですら選挙区を世襲させてしまうなど、自民党の世襲体質は極めて根強いものがある。

 

芸事や職人技のような自分自身で技を磨いていくような職業の場合は、子供の頃から親のすることを見習って身体で覚えていくという方法が効果的であることは歌舞伎や音楽家などの実例で証明されている。

 

他方、会社の経営者などリーダーシップや総合的な判断力が要求される仕事については、直系の世襲は一般的には有害だというのが経験則だ。そのため、オーナー企業では有能な人材を娘婿にして会社を継がせることがよく行われる。

 

政治家という仕事は、芸事や職人技ではなく、高度なリーダーシップと総合的な判断力が要求される仕事だ。しかも、適性のない人物が重要なポストについてしまうと、国民全体が不利益をこうむることになる。オーナー企業でバカ息子が社長になってもその会社がつぶれるだけですむが、政治家がバカだと国民が不幸になるのだ。

 

民主党も小沢一郎をはじめとして幹部に世襲議員が複数いるにもかかわらず、世襲の制限に踏み出したことは、とりあえず高く評価する。あとは、実効性のある運用がされることを強く期待する。

2009年4月22日 (水)

「世界言語地図」町田健

Sekaigengotizu テレビ出演や多数の著書で有名な町田先生が世界の主要言語46を一般向けの読み物として概説したもの。『フォーサイト』の連載だったため、それぞれの言語をめぐる政治的な状況に言及しているところが特徴である。

 

以前紹介した「世界の言語入門」黒田龍之助とは、新書で多数の言語について語るというコンセプトは一脈通じるところがある。しかし、黒田は自分が知らない言語についても主観的な印象をつづることに徹底しているのに対し、本書は各言語の客観的なデータ(話者人口や話されている地域、公用語など)を押さえているところが対照的である。

 

なお、書名になっており、各項に挿入されている「地図」は本書のオリジナルではない(引用である)。世界の言語がどこで使われているかを示す地図を作成する努力は大変なもので、新書本一冊書くためだけにオリジナルな研究ができるわけもないので、当然といえば当然かもしれない。

 

前半の各項の結びが、「我が国との関係も今後深まっていくのではないだろうか。」(チェコ語・スロバキア語)といった調子の、あまり根拠のない社交辞令のような一文になっていたのは興ざめだった。

 

とはいえ、主要言語の状況について読みやすくまとめてあり、このテーマに関心のある読者なら楽しんで読むことができるだろう。

2009年4月21日 (火)

排水管掃除に塩素系漂白剤

洗面所の排水管が2年に1回くらい流れが悪くなってくる。水を流すと「ギョーッ」という変な音がして、排水に時間がかかる。

 

こういうときに、パイプ洗浄専用の商品を使っていたのだが、どうも効き目が良くない。説明書のとおりに使っても、すっきりと流れがよくならないのだ。

 

あるとき、ふと塩素系漂白剤の説明書をみると、排水管にも使えるようなことが書いてあった。試してみると、あっさりと排水の流れが良くなった。

 

パイプ洗浄剤が400500円するのに対し、塩素系漂白剤なら1本100円しかしない。それで効果はずっと上なのだから、何をかいわんやである。

 

今回この原稿を書くに当たって、ネットで少し調べてみたら、このことに気づいたメーカーもあるようだ。液体の粘性を高めてパイプへの付着を良くした塩素系のパイプ洗浄用商品が発売されていた。

2009年4月19日 (日)

ラナンキュラスが満開

Simage035

ラナンキュラスが暖かい日差しを浴びて咲き乱れている。

2009年4月17日 (金)

トイレの広告は大失敗

東京メトロのいくつかの駅で、男性トイレの小便器の上、すなわち用を足すときに立つと目の前にあたる位置に広告用のボードが設置されているところがある。

 

それらが設置されたのは何年も前のことだが、ボードにはその広告スペースの利用を呼びかける広告しか見たことがない。広告主が現れないまま今日に至ったようだ。

 

用を足すときに否が応でも目に入る場所に広告を設置すれば売れると考えたのだろうが、大失敗に終わったものと思われる。

 

広告主の立場になって考えれば当然のことだ。およそ自社の商品を駅のトイレと結びつけて記憶してもらいたいと望む人などいるはずがない。少しでも可能性があるとすればトイレ用品くらいだが、駅のトイレはお世辞にも快適な状態に維持されているとはいえないので、トイレ用品ですら駅のトイレで広告したいとは考えないだろう。

 

広告はマーケティングの主要な手段の一つだ。それなのにこの程度のことも想像できないのでは、マーケティング関連のビジネスをする資格はない。

 

あのボードはメンテナンスされることもなく放置されているようだ。なんともむなしく哀れな結末である。

2009年4月14日 (火)

東京メトロのCMキャンペーンは何のためなのか?

Tokyo_heart 東京メトロが宮崎あおいを起用したTOKYO HEARTというCMキャンペーンを展開している。内容は東京メトロと沿線の風景を使ったイメージ広告だ。

 

何が目的で多額の費用をかけてCMをやっているのかがさっぱりわからない。NHK大河ドラマ主演女優ともなると契約料だけで3000万円は下らないだろう。それに放映料などを入れると数億円の経費がかかっているはずだ。

 

東京メトロがどこか他の鉄道かバスと競合していてシェアを落としているという事実があるのだろうか? 仮にそうだとすればプロモーションをする理由にはなるが、それにしてはイメージ広告だけでは交通機関として積極的に東京メトロを選んでもらう訴求力には欠けている。

 

鉄道は路線が決まっているし、山手線の内側は東京メトロと都営地下鉄が独占しているので、シェアは安定しているはずだ。もし鉄道同士あるいは交通機関同士の競争が激化しているなどの事情があるのであれば、東京メトロ以外の交通機関もCMキャンペーンを打って対抗するだろう。

 

何を訴求したいのかよくわからない企業イメージCMを多額の費用をかけて行うのは、経営者の道楽にすぎないのではないか。利用者としては、くだらない意味不明な経費をかけるより、値下げや設備改良の投資に回してもらいたい。

2009年4月13日 (月)

咲いた、咲いた、チューリップの花が

Simage021

(2009.4.11撮影)

ユリ咲きと呼ばれる品種なので、花びらの先がとがっている。

2009年4月12日 (日)

「マタイ受難曲」バッハ・コレギウム・ジャパン

Bcjlogo21

2009410日にタケミツメモリアルホールで行われたバッハ・コレギウム・ジャパン定期演奏会「マタイ受難曲」(メンデルスゾーン1841年上演稿)を聴いた。

 

メンデルスゾーン1841年上演稿とは、没後長らく忘れられていたバッハの宗教曲を復活上演するにあたって、当時の聴衆にバッハの魅力が受け入れられやすいようにメンデルスゾーンが編曲したものである。全体の約3分の1を省略したほか、楽器の置き換えなどを行っている。

 

メンデルスゾーン編曲のせいか、全体的にドラマティックで押し出しの強い明快な演奏だった。レチタティーヴォのチェンバロ伴奏はチェロ2本、オーボエ・ダ・カッチャはバセットホルンに置きかえられている。そのため、オーケストラの響きが近代的な、ロマン派的なものになっていると感じた。

 

ソリストの印象は以下のとおり。

レイチェル・ニコルズ(ソプラノ)美声で声量も豊か。

加納悦子(アルト)正確な歌唱で気品がある。声量がやや少ない。

ゲルト・テュルク(テノール)大役を表現力豊かにこなしていた。

ドミニク・ヴェルナー(バス)安定していた。

浦野智行(バス)この日はやや不安定で線が細い感じがした。

 

若松夏美(コンサートマスター)とニコルズの掛け合いはひときわ美しかった。

 

合唱とオーケストラはいつものBCJの高い完成度を示していた。ぴしっと決まったカッコいい演奏だった。

 

メサイアのときのように歌詞の対訳を無料で配布するか、字幕を表示してくれると助かったのだが。

2009年4月11日 (土)

ラナンキュラス開花

Simage024
最初の一輪が咲き始めた。

2009年4月 8日 (水)

日本人は他人への信頼感が低い

日経ビジネスONLINEこの記事を読んで、積年の疑問が解けたように感じた。

 

社会心理学者の山岸俊男北海道大学教授のインタビュー記事である。この中で山岸教授は、日本人は見知らぬ他者に対して、「自分のことを利用しようと考えているのではないか」「他の人々は自分のことしか考えていないのではないか」と疑心暗鬼を生じる傾向が強いのに対して、米国人は「渡る世間に鬼はなし」と感じる傾向が強いという。

 

日本人は閉鎖的な集団の相互監視の中で生活してきたので、好むと好まざるとに関わらず、他人に協力せざるを得ない。その結果、個人が他人を信頼する習慣が育まれてこなかったという。

 

一般に米国人といえばオープンでちょっと能天気なイメージがあるが、それはまさに他人を信頼するから自分をさらけ出すことができるわけだ。一方で日本人は他人を信頼していないからオープンになることができないで、ひたすら集団の輪を乱さないことに神経を使っているのだ。

 

米国人の自己主張が強いことはよく知られている。その一方で、他人に対してフレンドリーで、親切でもある。これに対し、日本人は、自己主張は弱いが、見ず知らずの他人には関わろうとしない。

 

このコントラストがなぜなのかが疑問だった。そして、その答えは、他人に対する信頼の強弱だったというわけだ。

 

自分を振り返っても、不信モード(他人)から信頼モード(知人)への切り替えに時間がかかると感じる。文化として刷り込まれてしまっているので、変えるのは容易ではないだろうが、変えたいものだ。

2009年4月 5日 (日)

あらゆる地図は古地図になる

1999年発行の地図を持っている。ほんの10年前だが、その間にも街の様子は変わった。例えば、表参道ヒルズの場所には同潤会アパートがあったし、六本木のミッドタウンになっている場所は防衛庁だった。

 

たまに大型の書店で古地図の展示販売をやっていることがある。赤坂の溜池には本当に「ため池」があったり、都心部の主要な土地はほとんどが各藩の屋敷だったりする。

 

街は生き物で、つねに変化している。江戸時代と現代ほどの大きな違いはないにしても、10年もすればあちこちに違いが現れるし、20年、30年となれば変化はさらに大きくなる。

 

世界でも、旧ユーゴスラビアがいくつもの国家に分裂したように、国境にも変化がある。

 

最新の地図も10年、20年と経てばいつの間にか古地図になっていくのだ。増えつづける本はときどき整理せざるをえないが、地図の数冊はとっておけばいつか古地図の楽しみが味わえるようになる。あたかも新酒が古酒になるように。

2009年4月 2日 (木)

世界50大オペラ全集Les 50 Plus Grands Opéras du Monde

51h3y2hdfxl_sl500_aa240_ フランスでデッカが発売したCD100枚組のセット。ややフランス・オペラ偏重の傾向はあるが、ヨーロッパのオペラ史上の主要な名作がほとんど収録されている。録音は1950年代末から2000年代までとさまざま。発売元のデッカを始め、ドイツ・グラモフォン、フィリップス、アコルデ、ユニバーサルの音源を使用しており、演奏家はそれぞれのレーベルの代表的な有名どころが登場する。

 

Amazon.fr60ユーロほどで購入したので、CD1枚あたり100円もしなかった計算になる。これら100枚のCDのリッピングを終えるのに精一杯で、中味はあまりまだ聞いていないのだが、有名なオペラをとにかく手許に揃える目的には大変良いセットだ。Amazon.frの価格は変動するので、高いときもあるが、それでもお買い得といえるだろう。

 

ただし、リブレットはなく、フランス語であらすじを記したブックレットが付属しているだけだ。

 

収録されている作品の一覧(フランス語)

Aida – Ariodante – Le Barbier de Séville – La Bohème – Boris Godounov – Carmen – Cavalleria Rusticana – La Cenerentola – Les Contes d’Hoffmann – Cyrano de Bergerac – La Damnation de Faust – Didon et Enée – Don Giovanni – L’Elixir d’amour – L’Enfant et les sortilèges – L’Enlèvement au Sérail – Eugène Onéguine – Erwartung – Faust – Fidelio – La Flûte enchantée – Le Freischütz – Hippolyte et Aricie – L’Italienne à Alger – Lakmé – Lucia di Lammermoor – Madame Butterfly – Manon Lescaut – Mireille – Les Noces de Figaro – Norma – L’Orfeo – Orfeo ed Euridice – Otello – Paillasse – Pelléas et Mélisande – Rigoletto – Salome – La Somnambule – Thaïs – La Traviata – Le Trouvère – Tosca – Turandot – Un Bal masqué – Le Vaisseau fantôme – La Wally – La Walkyrie – Werther – Wozzeck

 

 

Les 50 Plus Grands Opéras du Monde

DECCA 480 0094

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »