2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 国民の多数は斉藤環境大臣より賢明だった | トップページ | クラシック音楽とは何か »

2009年5月15日 (金)

ちくま日本文学006「寺山修司」

Terayama 寺山修司の名前と風貌はずいぶん昔から知っている。そして、話し方もタモリの物まねで。「さらば箱舟」と「毛皮のマリー」は1回ずつ見た。しかし、著作をきちんと読んだことがなかった。20世紀後半中葉の日本に確かな存在感を発揮していた寺山修司をいつかは読まねばと思っていたところ、文庫版の選集である「ちくま日本文学」で出ていたのでこれ幸いと購入した。

 

これを読み通すと、寺山修司の作品テーマはいくつかに集約されるようだ。少年期の両親の不在と戻ってきた母親の束縛(それからいかに逃れるか)。東京へのきわめて強い憧れ。そして、社会の隅っこで飲む・打つ・買うといった日々の誘惑に負けながらもしぶとく生きる人々。

 

読む前の勝手な想像では、もっとひたすら現実、事実、具体的生活そのものに寄り添った作品が多いのかと思っていたが、理屈っぽく欧米の著作に言及したりしていたのは意外だった。そういえば、「さらば箱舟」は結構観念的な映画だったのを思い出した。

 

昭和10年に生まれ、昭和54年に死去しているので、寺山はまったく昭和時代そのものの生涯を送ったわけだ。戦争で父を失い、不遇な境遇で戦後の混乱期に思春期を過ごしながらも、文学の才能で頭角を現し、世相が高度成長で浮かれるようになっても自分を見失うことはなかった。

 

あまりにも昭和という時代の申し子であるがゆえに、もしかしたら時代が移り変わる中でいつか忘れられてしまうかもしれない。しかし、昭和を知っている世代にとっては確かな存在感のある人物である。

« 国民の多数は斉藤環境大臣より賢明だった | トップページ | クラシック音楽とは何か »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/29628987

この記事へのトラックバック一覧です: ちくま日本文学006「寺山修司」:

« 国民の多数は斉藤環境大臣より賢明だった | トップページ | クラシック音楽とは何か »