2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 医薬品のネット販売規制に行政訴訟 | トップページ | ヘンデル「メサイア」(ハイライト)オーマンディ他 »

2009年5月30日 (土)

Mozart Complete Works

240_ 170枚組のモーツァルト大全集(Brilliant)をすべて聴き終えた。MP3にリッピングして通勤途上にウォークマンで聴いたので、真面目な鑑賞態度からは程遠い。大雑把な印象のみ。

 

子供時代の作品から晩年まで、一貫してモーツァルトはモーツァルトだった。この時代の支配的な音楽様式の制約もあったのかもしれないが、いずれにしても一貫した個性が感じられた。もちろん歳を重ねるにつれて音楽は複雑になり、表現されているものも深みを増している。

 

ピリオド様式の演奏が良かった。ピリオド様式は、ホグウッドが登場した当初などは、近代様式へのアンチテーゼを示すことに力が入りすぎ、音楽の自然な楽しみからは逸脱したエキセントリックな演奏が多かった印象を持っている。しかし、この全集に収められている1990年代以降の録音では、変な力は入っておらず、それぞれの演奏家がのびのびとモーツァルトを楽しんでいるようだ。

 

近代様式は、大コンサートホールでも音が届くことを重視しているため、楽器本来の音色を犠牲にしている面があると感じる。その点、フォルテピアノやフラウト・トラヴェルソなどのピリオド楽器は、音量こそ小さいが、温かみのある音色で癒される。

 

170枚のCDを今後頻繁に満遍なく聴くことはないだろうが、これをすべて一度は聴いたことで、モーツァルトとはどういう音楽だったのか、について自分としてのイメージを持つことができたのはよかった。それまでのイメージが大きく修正されたわけではないが、すべてを聴いたことによる自信のようなものが得られた。

 

20086月頃、このセットが破格の安さになっていたときに7000円程度で入手したので、とても良い買い物でもあった。

 

Wolfgang Amadeus Mozart Complete Works

Brilliant Classics 92450

« 医薬品のネット販売規制に行政訴訟 | トップページ | ヘンデル「メサイア」(ハイライト)オーマンディ他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さま、こんばんは。

モーツァルトの170枚を始め、Deutsche Harmonia Mundiの50枚、Baroque Masterpiecesの60枚、など安値で買い込んだ箱物のリッピングをせっせとやってきました。まだBeethoven Complete Worksの100枚、Bach Edition155枚なんていう大物も控えています。

最初は面倒くさかったのですが、だんだん慣れてくると機械的な動作になり、さほど苦にならなくなってきました。

家人からは、ウォークマンに入れなくてもそのままCDで聴けばいいじゃないなんて言われますが、現実には居間でクラシックをかけられるのは家に1人でいるときだけです。したがって、通勤時間が貴重な音楽鑑賞時間なのでした。

こんにちは。170枚のCDをリッピングするだけで大変そうですが,これもある意味,苦行に耐えた後,悟りを開くって感じにも思えますなぁ...。

私なんぞ,先日出張がてらAidaを久々に全曲聞きとおしたぐらいのもので,てんで我慢強さのない聞き方しかできてません。

ColtraneのVillage Vanguard Box4枚組でさえ辛いというのは加齢によるものとも考えられますが。その割にLed Zeppelinの4枚組ボックスは聞けてしまうのは何故???まぁ,どうでもいいことですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/29861823

この記事へのトラックバック一覧です: Mozart Complete Works:

« 医薬品のネット販売規制に行政訴訟 | トップページ | ヘンデル「メサイア」(ハイライト)オーマンディ他 »