2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 新潟県知事は超法規的な権限を持っているのか | トップページ | 国民の多数は斉藤環境大臣より賢明だった »

2009年5月13日 (水)

世界の笑いものになるのは斉藤環境大臣だ

Saitoutetuo_2

経団連が温室効果ガスの中期削減目標として1990年比4%増の案を支持したのに対し、斉藤鉄夫環境大臣は「世界の笑いものになる」と痛烈に批判し、「国際社会での地位をおとしめる」と述べた。

 

この斉藤環境大臣の発言は正しいだろうか?

 

削減幅が小さい数値を日本が示せば、EUなどの外国から批判的な意見が出るだろうことは間違いない。しかし、それは「世界の笑いもの」になり、「国際社会での地位をおとしめる」ことに直結するのだろうか。

 

日本は、基準となる1990年までに既に諸外国に比べて省エネの努力が進んでいたため、それ以上の省エネ(≒温室効果ガスの削減)をするのには大きなコストがかかる。これに対し、日本ほどの省エネ努力をしていなかった諸外国は安いコストで削減ができる。

 

この違いを無視して、諸外国と同等かそれ以上の削減目標を掲げたりすれば、日本国民はその達成のために、諸外国よりもはるかに大きな負担をしなくてはならない。

 

具体的には、次のようなことが起きる。

 

×電気・ガス・ガソリンなどのエネルギー価格が大きく値上がりする

 

×製品の競争力がなくなって売上げが落ち、企業の経営が苦しくなる

 

×その結果、給料・ボーナスが減る

 

×国民生活が苦しくなる

 

その一方、諸外国ではこうなる。

 

◎日本が削減目標達成のため購入するCO2クレジットで大儲け

 

◎日本企業の競争力が落ちるため、国内企業の景気が良くなる

 

つまり、「日本が自滅して諸外国が儲かる」という結果になる。

 

その原因を作った斉藤環境大臣に対する評価はどうなるか。当然、諸外国は、自国にあえて厳しい目標を設定した斉藤大臣を誉めそやすに決まっている。しかし、それをもって本当に「諸外国の笑いもの」になることや、「国際的な地位の低下」を防いだと言えるのか。

 

アメリカはかつて温暖化ガスの削減を約束する京都議定書の批准を拒否したが、それによって「国際的な地位が低下」しただろうか。それに、そもそも何をもって国際的な地位が低下と判断するのか。

 

自国の国益、自国民の繁栄・幸福を追求しないような大臣を心の底から賞賛する人はいない。表面的な賞賛欲しさに自国民を犠牲にした斉藤大臣のことを影では「笑いもの」にするに違いない。「日本人はすぐ外国に合わせようとするから操るのが簡単だ」と高笑いする外国人の姿が目に浮かぶ。内弁慶で外国人の言いなりになる大臣を仰ぐ日本国民の哀れなこと!

« 新潟県知事は超法規的な権限を持っているのか | トップページ | 国民の多数は斉藤環境大臣より賢明だった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/29598373

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の笑いものになるのは斉藤環境大臣だ:

« 新潟県知事は超法規的な権限を持っているのか | トップページ | 国民の多数は斉藤環境大臣より賢明だった »