2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 温室効果ガス排出削減中期目標15% | トップページ | オタマジャクシはなぜ降るのか »

2009年6月13日 (土)

ベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート」2001イスタンブール

634 ヤンソンスの指揮で行われた演奏会のライブ映像。会場は荘厳な雰囲気の漂う聖イレーネ聖堂。メディチ・アーツの2009年版カタログのおまけの形式なので、900円と価格が安かったのも購入した一つの要因だ。。

 

ハイドンの交響曲第94番は、大オーケストラだが、重くならずに愉悦感あふれる演奏でとても楽しめた。

 

モーツァルトのフルート協奏曲第2番は、なぜかハイドンから一転してオケが固く重い演奏となった。フルートのパユは堂々としたソロを展開しているが、オケが足を引っ張ったために、この曲本来の魅力を感じることができなかった。

 

ベルリオーズ「幻想交響曲」は、作曲家が付記したようなエキセントリックな麻薬患者の妄想ではなく、普遍的で崇高な雰囲気すら漂わせるドラマに昇華させた演奏。オケの響きが美しい。録音の関係か、シンバルやチューバの音がはっきりと聞こえる。ベルの音色も柔らかさがあって美しい。

 

アフレコ・アテレコではないはずだが、マイクが見当たらないのが不思議。ライブだとマイクが見えないのがかえって気になった。変なものだ。

 

Berlioz: Symphonie fantastique

Haydn: Symphony No. 94 “Surprise”

Mozart: Flute Concerto No. 2

Emmanual Pahud, flute

Marris Jansons, conductor

Berliner Philharmoniker

(Catalogue 2009)

meidici arts 2020098

« 温室効果ガス排出削減中期目標15% | トップページ | オタマジャクシはなぜ降るのか »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/30082337

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート」2001イスタンブール:

« 温室効果ガス排出削減中期目標15% | トップページ | オタマジャクシはなぜ降るのか »