2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 一票の格差をなくせ | トップページ | 憲法違反を解消せよ »

2009年8月 1日 (土)

自民党全部が東国原・橋下になればよい

東国原宮崎県知事に出馬要請をしてみたり、マニフェストを公表前に橋下大阪府知事に見せたりと、支持率の低迷に苦しむ自民党がなりふり構わず人気者にあやかろうとしている。

 

自民党は一応現時点では与党として政府を預かる重大な責任のある立場だ。その政党がこのアタマの悪さはいったい何なのか? 学習能力ゼロではないか。

 

自民党が圧倒的な国民の支持を得たのは小泉純一郎総理・総裁の下だった。そして、先に名前を挙げた知事は各県・府民の大きな支持を得ている。そこから導き出されることは何か?

 

しがらみにとらわれず明確なメッセージを打ち出し、有権者の判断を仰ぐ潔さこそが国民の支持を得る必勝の方程式だということだ。自民党が勝ちたいのなら、候補者すべてがしがらみを捨てて、本当に正しいと思う政策を堂々と主張し、有権者の判断を仰ぐのだ。

 

脈絡もなくバラマキで歓心を買おうとしても大きな支持は得られないだろう。国民もそこまでバカではない。今カネをもらっても、後で増税で取り返されるのだから。

 

人気者をつまみ食いして利用しようとしても、国民の支持を得ることはできないだろう。自民党という組織の体質がダメだからだ。

 

昔から3代目が会社をつぶすとよく言われているが、まさに自民党は3代目がやっている。道楽者の3代目が財産を食いつぶしている状態だ。

 

ようやく世論に押されて嫌々ながらに世襲制限をやろうとしているが、党のことを本当に考えるならば、他人からいわれなくても世襲制限をしなくてはならない。私情とは切り離してやるべきことを決断できる人材がいない。

 

こんなつぶれかかった政党に国政を預けなくてはならないとはなんと情けないことか。ところが、民主党も同じ病気にかかっている気配があるので、自民がだめなら民主があるさ、とはいかないところがさらに情けない。

« 一票の格差をなくせ | トップページ | 憲法違反を解消せよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/30782328

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党全部が東国原・橋下になればよい:

« 一票の格差をなくせ | トップページ | 憲法違反を解消せよ »