2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« バッハ「鍵盤楽器のための作品集」アンドラーシュ・シフ(ピアノ) | トップページ | 本場のジンギスカン焼きはうまい! »

2009年9月 8日 (火)

25%削減に固執する鳩山由紀夫はEUに移住せよ

Hatoyama 日本国民の生活を犠牲にしてまで温暖化ガスを25%削減する目標を鳩山由紀夫が97日に表明した。

 

この宣言を歓迎しているのは、EUだけだ。EUは排出量取引で大もうけを仕組んでいるので、国家財政は借金まみれとはいえ一応世界第2位の経済大国日本が達成不可能な削減目標を掲げるのは、カモがネギを背負ってくることになり、大歓迎も当然だ。

 

この削減目標を達成しようとすれば、家計の負担や失業者の増加が必至であるため、普段は自虐的な論調の朝日新聞や毎日新聞までもが慎重な姿勢を示している。

 

総選挙で民主党は圧勝したが、それは自民党を除けば他に選択肢がないからであって、民主党のマニフェストに書かれている内容を一字一句まで国民が支持したからではない。それなのに、勝利に酔って全権委任されたと勘違いし、国民生活を犠牲にしてまでEUに媚びる鳩山由紀夫は総理大臣になる資質を著しく欠いている。

 

そんなにEUが好きなら、政権を投げ出すことを許すので、一日も早くEUに移住してもらいたい。

« バッハ「鍵盤楽器のための作品集」アンドラーシュ・シフ(ピアノ) | トップページ | 本場のジンギスカン焼きはうまい! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

nosmokingnosmoking 鳩山由紀夫の二酸化炭素増大策 
毎年3兆円の税金を投入する高速道路の無料化によって集客範囲が拡大するとイオン(株)は期待しており、大型店の出店を増やす予定である。
無料化には税金の投入が必要であり、税金も含めると高い買物となる。
商圏が拡大すると自動車の走行距離が長くなり、排ガスの排出量が増え健康被害および地球温暖化が加速する。
なお、イオン(株)社長の岡田元也は、民主党の岡田勝也の兄である。

nosmoking --- 鳩山由紀夫のCO2増大策 ---
毎年3兆円の税金を投入して、高速道路を無料にしてレジヤーで高速道路を利用する人を優遇する。
利用増による渋滞によって、排ガスが増加するだけでなく、運送会社や高速バス会社は予定の時間通りに走れず事業が成り立たないので、無料化に反対している。渋滞はマイナスの経済効果となる。
自家用車の利用増及び走行距離の増加によって、排ガスが増加して地球温暖化および健康被害を加速させる。
本来、モーダルシフトによって、自家用車から公共交通機関へ移行させて、ガソリン使用量及び二酸化炭素の排出量を減らして省エネルギー及び温暖化対策とするべきであるが、その逆を推進しようとしている。
新聞社による全国の知事へのアンケート調査では、高速無料化を評価した知事は岩手、徳島、沖縄のわずか3知事だけ。
(注)排ガスに含まれる有害物質は、煤塵、窒素酸化物、硫黄酸化物、炭化水素、二酸化炭素など。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/31289690

この記事へのトラックバック一覧です: 25%削減に固執する鳩山由紀夫はEUに移住せよ:

» 鳩山氏の「2020年までの温暖化ガス50%削減表明」は愚策 [ドクター国松]
鳩山氏は日本の温暖化ガスの排出量を1990年比で25%削減することを表明したが、 これは愚策といわざるをえない。 そもそも1990年当時、日本はすでに技術的に世界一のレベルにあり、ここからの25% という下目標達成には生産活動の抑制を迫られるだけでなく、一世帯..... [続きを読む]

« バッハ「鍵盤楽器のための作品集」アンドラーシュ・シフ(ピアノ) | トップページ | 本場のジンギスカン焼きはうまい! »