2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« ブラームス「交響曲全集」ギュンター・ヴァント指揮 NDR交響楽団 | トップページ | マジで心配になる民主党政権 »

2009年9月21日 (月)

亀井静香よ、大臣が床屋談義をするな

亀井郵政改革・金融担当大臣が、中小企業を支援するため金融機関からの借金の返済を3年間猶予する法律を作るといっている。

 

テレビの時代劇なら胸のすく美談になるかもしれないが、21世紀の現実世界では、こんな策は必要でも実現可能でもない。床屋談義のレベルの空想であり、本物の現職大臣が口にするような内容ではない。

 

企業と金融機関とは、民事上の契約に基づいて金銭の貸し借りを行っている。その契約が法律や公序良俗に違反していれば国家が介入する余地はあるが、そうでなければ当事者同士の合意を国家は尊重しなくてはならない。これは近代法治国家を成立させている前提条件の一つである。そんな民間の契約に介入する法律をもし作っても、憲法上の財産権の侵害になり、実効性はない。

 

ただ、今、金融危機の元凶として金融機関は悪役であり、悪役を苦しめるのは正義だという雰囲気がなきにしもあらずだ。そういう雰囲気が支配して、冷静に考えればありえないような法律が本当にできてしまうかもしれない。

 

そして、仮に違憲立法審査に付されても、裁判所も雰囲気に流された判決をすることがあるので、合憲とされてしまうかもしれない。

 

日本が本当に憲法を守る法治国家であるのかどうかが問われている。

« ブラームス「交響曲全集」ギュンター・ヴァント指揮 NDR交響楽団 | トップページ | マジで心配になる民主党政権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/31446369

この記事へのトラックバック一覧です: 亀井静香よ、大臣が床屋談義をするな:

« ブラームス「交響曲全集」ギュンター・ヴァント指揮 NDR交響楽団 | トップページ | マジで心配になる民主党政権 »