2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« マジで心配になる民主党政権 | トップページ | バルトーク「管弦楽作品集」アダム・フィッシャー指揮 ハンガリー国立交響楽団 »

2009年9月30日 (水)

民主党議員が風俗店に政治活動費を支出

Photo

こちらの記事によると、江田五月参院議長(岡山選挙区)、川端達夫文部科学相(衆院滋賀1区)、直嶋正行経済産業相(参院比例)、松野頼久官房副長官(衆院熊本1区)、松本剛明衆院議院運営委員長(同兵庫11区)のそれぞれの政治資金管理団体が、「キャバクラ」「ニューハーフショーパブ」など風営法2条2号で定められた店への支払いに500万円も使っていたことがバレた。まったくろくでもない連中だ。

 

この種の店には、行きたければ自腹で行くのが当然だ。国民の血税から政治資金を受け取っている民主党の議員がこういう金の使い方をしていたとは論外だ。

 

松野頼久のところは「打ち合わせの場所として活用している。不適切とは思わない。」と、完全に開き直っていて最低だ。しかもコメントをわざわざ弁護士に言わせているところからすると、本音はかなり疚しいと思っているにちがいない。それも当然だろう。民間企業だって、「打ち合わせ」を風俗店でやるところはない。まして大事な国政に関わる打ち合わせをその種の店でやるわけがない。

 

疚しいことを開き直るような人間に責任ある仕事は任せられない。松野頼久には直ちに官房副長官を辞職してもらいたい。

 

おそらく各議員の秘書や支持者が政治資金管理団体にたかっていたのだろうが、この際、たかった連中の氏名も公表すればよい、

« マジで心配になる民主党政権 | トップページ | バルトーク「管弦楽作品集」アダム・フィッシャー指揮 ハンガリー国立交響楽団 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/31586514

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党議員が風俗店に政治活動費を支出:

« マジで心配になる民主党政権 | トップページ | バルトーク「管弦楽作品集」アダム・フィッシャー指揮 ハンガリー国立交響楽団 »