2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« グリーグ/シューマン「ピアノ協奏曲」ラドゥ・ルプー(ピアノ)、アンドレ・プレヴィン(指揮)、ロンドン交響楽団 | トップページ | 太陽光発電世界一位を目指すべきなのか? »

2009年10月28日 (水)

輸入ミネラルウォーターを飲むという愚行

日本の水道水は極めて衛生的に管理されており、飲み水として何の問題もない。そもそもボトル入りの水が商品として売られるというのは、水道水が不衛生で飲めない国で行われていたことだ。したがって、「健康に良い」と信じて、高い金を出してミネラルウォーターを買うのは愚かな行為である。

 

それに輪をかけて愚かなのは、ミネラルウォーターの中でも輸入品を選ぶことだ。ヨーロッパのミネラルウォーターは滅菌処理されていないので、日本の水道水よりも衛生面においては水準が低い。それに加えて、地球の裏側からミネラルウォーターを運ぶために大量の石油を燃やしているのだ。

 

日本は世界でもまれなほどに水が豊かな国だ。その水に恵まれた国民が、わざわざ貴重な石油を燃やし、額に汗して稼いだ外貨を支払ってまで水を輸入するなど、愚の骨頂以外の何物でもない。空気を輸入するのと同じくらい無意味だ。国益を考えれば効率の関税をかけて輸入障壁を設けても良いくらいだ。

 

外出先や飲食店など、タダの水を飲めないとか飲むのが適切でない場合には、ミネラルウォーターもやむをえない場合はある。しかし、自分の家にいるのに、水道水を飲まないで輸入したミネラルウォーターを日常的に飲むなど、“水商売”の業者に騙されている愚か者のすることだ。

« グリーグ/シューマン「ピアノ協奏曲」ラドゥ・ルプー(ピアノ)、アンドレ・プレヴィン(指揮)、ロンドン交響楽団 | トップページ | 太陽光発電世界一位を目指すべきなのか? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/31978050

この記事へのトラックバック一覧です: 輸入ミネラルウォーターを飲むという愚行:

« グリーグ/シューマン「ピアノ協奏曲」ラドゥ・ルプー(ピアノ)、アンドレ・プレヴィン(指揮)、ロンドン交響楽団 | トップページ | 太陽光発電世界一位を目指すべきなのか? »