2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« バルトーク「管弦楽作品集」アダム・フィッシャー指揮 ハンガリー国立交響楽団 | トップページ | Winny開発者の無罪は当然だ »

2009年10月 5日 (月)

サングラスかけたままの出迎えが厚遇?

Pn2009100401000440ci0003 北朝鮮を訪問した中国の温家宝首相を金正日が空港まで出迎えに来たというので、さすが中国要人は厚遇しているということらしい。

 

ところが、出迎えの様子をテレビで見ると、金正日はサングラスを掛けたままだ。

 

曲がりなりにも友好国の首相を出迎えるのにサングラスを掛けたままというのは失礼以外の何物でもない。仮に中国の政府要人が日本を公式訪問するときに出迎える日本の首相がサングラスをかけたままだったら、あるまじき非礼として国際問題になるのは間違いない。

 

金正日はこの程度の最低限の儀礼も知らないか、周りに誰も教える人間がいないのか、傲慢か、無知な裸の王様のいずれかだ。

 

「北朝鮮だから、金正日だから、しょうがない」と中国も諦めているのだろう。我々もこういう映像を見ているうちに慣れっこになってしまうのはちょっと危ない感じがする。

« バルトーク「管弦楽作品集」アダム・フィッシャー指揮 ハンガリー国立交響楽団 | トップページ | Winny開発者の無罪は当然だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/31644088

この記事へのトラックバック一覧です: サングラスかけたままの出迎えが厚遇?:

« バルトーク「管弦楽作品集」アダム・フィッシャー指揮 ハンガリー国立交響楽団 | トップページ | Winny開発者の無罪は当然だ »