2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 口ほどにもない鳩山内閣 | トップページ | 輸入ミネラルウォーターを飲むという愚行 »

2009年10月24日 (土)

グリーグ/シューマン「ピアノ協奏曲」ラドゥ・ルプー(ピアノ)、アンドレ・プレヴィン(指揮)、ロンドン交響楽団

421 ふと、グリーグのピアノ協奏曲が聞きたくなった。クラシック音楽のCD1000枚は所有している私だが(近年の超廉価ボックス発売ブームにはまって一気に枚数が増えた)、グリーグは持っていなかった。

 

グリーグのピアノ協奏曲は、小学校の音楽鑑賞で使われていたし、通俗名曲の1つに数えられるだろう。あの劇的な冒頭はテレビ番組などで効果音として耳にすることも多い。(テレビで効果音に良く使われるクラシック音楽といえば、最近はヴェルディ「レクイエム」のディエス・イレをよく耳にする。余談でした。)

 

こういう通俗的なイメージもあり、いまさらグリーグのピアノ協奏曲でもあるまい、というような意識が高踏的な私にはあったのだろう。しかし、通俗だろうがなんだろうが名曲は名曲だ。やはり聞きたくなる時が来るのだ。

 

どのCDの評判が良いのかネットで情報収集したところ、ルプーがよさそうだったので、さっそく買った。

 

CDはまずシューマンから始まるのだが、最初の数小節を聴いただけで、ルプーのみずみずしく美しい音色、若々しいがエキセントリックではないしなやかな叙情性、そしてルプーの個性にしっかりと寄り添って魅力を引き立てるオケの演奏に引き込まれた。

 

もちろんグリーグも同様の魅力にあふれており、久しぶりに聞いてみたくなった気まぐれさを十二分に満たしてくれた。文句なしの名演奏だ。

 

残念なのは、1973年の録音はさすがに古びており、弦楽器がややギスギスした音になっているところである。ルプーは、これだけの音楽家でありながら、近年は録音はおろか、演奏会もろくにやっていないらしい。もったいない才能もあるものだ。

 

 

Robert Schumann: Piano Concerto in A minor

Edvard Grieg: Piano Concerto in A minor

Radu Lupu, piano

London Symphony Orchestra

André Previn

DECCA  289 466 383-2

« 口ほどにもない鳩山内閣 | トップページ | 輸入ミネラルウォーターを飲むという愚行 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/31919620

この記事へのトラックバック一覧です: グリーグ/シューマン「ピアノ協奏曲」ラドゥ・ルプー(ピアノ)、アンドレ・プレヴィン(指揮)、ロンドン交響楽団:

« 口ほどにもない鳩山内閣 | トップページ | 輸入ミネラルウォーターを飲むという愚行 »