2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 賃貸住宅の更新料は払わなくて良い | トップページ | マーラー「交響曲第8番」アルミンク指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団 »

2009年11月21日 (土)

蓮舫に権力を持たせるな

Renho 「事業仕分け」における、権力をかさに着た蓮舫の横柄な態度はテレビで何度も放映されたので、見た人は多いだろう。

 

もともと民主党の熱烈な支持者であるか、蓮舫のファンである人は、「悪い役人をばっさり切る痛快な態度」と感じたかもしれないが、それは極端にバイアスがかかった見方なので反省したほうがよい。

 

サラリーマンでもたまにああいう態度をとる人がいる。権力を持っていなかったときは普通の人だったのが、役職がついたとたんに横暴になる。こういう人は、権力の使い方がわからない人、権力を使う能力を欠いた人なのだ。こういう人についた部下はたいていメンタルヘルスを害してうつ病になってしまう。

 

本来、組織(政府もその一種だ)の中での権力は、組織としての目的を達成するために、役職についた個人に仮託されるものだ。ところが、この手の能力を欠いた人たちは、あたかも自分に全権が付与されたかのように勘違いして、個人的な欲望を満足させるために権力を濫用するのである。事業仕分けでの蓮舫もまさに権力欲が満たされたことに酔っている人間の態度を示していた。

 

組織の目的を達するためならばおのずと権力を行使する範囲や方向性に予測がつくが、個人の欲望を満たすためとなるとその時々の気分で変わるので予測が不可能になる。予測できない権力に服従させられる人はたまったものではない。しかも、全権があると思い込んだ人間は、部下の人格を否定するような言動をとることも多い。こうなると部下はうつ病にまっしぐらだ。

 

ああいう人に権力を持たせてはいけない。部下になる人の安全のためだけではなく、権力の濫用から日本国民を守るためにも。

« 賃貸住宅の更新料は払わなくて良い | トップページ | マーラー「交響曲第8番」アルミンク指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

TheBeach様、コメントありがとうございます。

上司のせいでうつ病になった人はたくさんいます。しかし、上司がその責任を社内で問われたり、傷害罪で刑罰を受けたりといった話は聞いたことがありません。

上司の立場を濫用した精神的な暴力は野放しにされているのが実情だと思います。

このあたりの問題はまだまだ社会としての取り組みが必要ですね。

理屈庵さん、こんにちは

TheBeachと申します。
「うつ病ブログ(メンタルヘルスの広場)」というココログをやっています。

わたしも、上司との人間関係が原因で、メンタルヘルスを害してうつ病になってしまいました。

わたしは今、わたし自身の心の状態を、事実として受け入れられません。

というか、受け入れるのをあえて拒んでいるようです。
体力も落ちているのか、運動療法もうまくいきませんでした・・・

「こんな自分なんか消えてしまえばいいんだ」と常に感じては希死念慮ばかりです。

うつ病で浪費した、わたしの年月を返して!っていいたいです。

憂える科学者様、コメントありがとうございます。

貴見に全面的に賛成いたします。

蓮舫に限らず、鳩山政権全体に、素人の思いつきを十分な検討・検証を経ないでいきなり政策として打ち出してしまい、後で収拾がつかなくなっているケースが多く見られます(例、前原国交大臣のJAL再建、鳩山総理の温暖化ガス25%削減など)。

専門家や当事者の意見をよく聞いてから、きちんと責任の取れる政治判断をしてもらいたいものです。

事業仕分けの問題はその精神にあるのではなく、その杜撰な内容にある。削減・停止の判断基準があまりに低レベルな点である。たとえば、蓮舫議員が仕分けした世界トップレベル研究拠点事業などの討論には完全な実力不相応な面が見られる。この事業は10年の歳月をかけて世界に誇れる研究拠点を作るという事業である。その拠点は様々な問題を解決する科学技術や新たなサイエンスを生み出すことのできる研究組織となる。このような拠点は海外にいくつか見られノーベル賞級の研究を次々と生み出す土壌となっている。それに対し、我が国は各大学、各独法が、あるいは研究所、研究室がランダムに乱立し、拠点として成り立っていない。この致命的な欠点を是正し、世界に誇れる研究拠点を育むのがこの事業の趣旨である。大切なことは、この事業の目的が組織作りであり、特定の研究業績をなしえるというものではないことである。すぐれた組織ができれば優れた研究成果が次々と生み出されることになるので、単一の特定テーマの解決事業よりもより意味深く効果的な取り組みとみなせる。

一方、仕分け人(蓮舫議員)の質問の論旨は「具体的に何ができますか?」という的外れなものであった。

仕分け人(蓮舫議員)は科学研究に関しては全くの素人で、「研究=何かを具体的に成し遂げること」という単純な知識しかない。このように研究に対してほとんど造詣のない人間が、筋違いの意見を通し、貴重な事業を圧迫している。なんという低レベルで、無意味な議論であろうか?

ただ、仕分け人はこのような場面に慣れており、このような環境で有利な議論を進められるのは、明らかである。議論の正しさではなく、場馴れという要素で議論を押し切る。あさましい姿勢である。

自分の有利な環境を作り、無理解な議論を押し付け、有益な事業を圧迫する・・・なんと無意味で悲しい作業であろうか?

民主党は何故こんな人選のミスチョイスをしたのか?私は、事業仕分けそのものを否定しているのではなく、あまりにも不適切な人間が低レベルな知識で判断を下すよう誘導していることを憂えている。

テレビ映りのみを意識したパフォーマンスのために日本は将来(科学)を捨てるのか?諸外国の笑い物となろう。

私はこのような無能な仕分け人を「仕分けしてしまう」ことを提案したい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/32289922

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫に権力を持たせるな:

« 賃貸住宅の更新料は払わなくて良い | トップページ | マーラー「交響曲第8番」アルミンク指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団 »