2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 1票の格差是正に向けた一歩は評価できる | トップページ | 法的整理になる日本航空の再建で責任を取らない連中 »

2010年1月11日 (月)

フィリップスの電気カミソリHQ8261

Philips 昨年末に電気カミソリを買い換えた。数年毎に買い替えながらもう20年近くフィリップスのものを使い続けている。

 

剃り味だけならパナソニックなども良いことは知っているのだが、カミソリ負けしてしまうことがあり、フィリップスがちょうどいいと判断している。

 

これまで使っていたのはHQ8140。使ってきた歴代のフィリップス・シェーバーの中では、この機種が一番良くなかった。深剃りが利かず、剃った直後でもざらつきがある。くせヒゲに弱く、あごの下に剃り残しが多い。本体が軽くなったのだが、却って力が入れにくかった。

 

こんなに不満があったのだが、せっかく1万円ほど出して買ったものをすぐに捨てるわけにもいかず、2年間ほど我慢して使っていたのだ。そろそろ償却したと考えて家電量販店を物色してみると、HQ8261が安くなっていたので、買い換えることにした。

 

HQ826110日間ほど使ってみた感想としては、上記HQ8140の不満がすべて解消された。剃ったあとの肌のざらつきがなくなり、あごの下のくせヒゲも剃れている。本体は重くなったが、独特の流線型のフォルムに沿って握った手に力が入れやすい。しかも、剃ったあとの肌への刺激が少ない。まだ電池が放電するところまでは使っていないが、仕様によると17日間持つとのことで、これも進歩している。

 

剃り残しが多いわりに肌への負担が大きかったHQ8140はいったいなんだったんだ! おそらくフィリップスとしては失敗作だったと思われる。

« 1票の格差是正に向けた一歩は評価できる | トップページ | 法的整理になる日本航空の再建で責任を取らない連中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/32941469

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップスの電気カミソリHQ8261:

« 1票の格差是正に向けた一歩は評価できる | トップページ | 法的整理になる日本航空の再建で責任を取らない連中 »