2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« バッハ「ヴァイオリン協奏曲集」ヒラリー・ハーン(Vn)、ジェフリー・カハネ(指揮)、ロサンジェルス室内管弦楽団 | トップページ | 横暴以外の何物でもない「チャレンジ25キャンペーン」 »

2010年1月23日 (土)

北朝鮮を連想させる独裁民主党の異様さ

小沢一郎幹事長が政治資金規正法違反の疑いで検察庁に調べられている件について、民主党の閣僚・議員らは、口々に検察庁やマスコミを批判したり、取調べの可視化を急に持ち出したりして、小沢一郎に対する批判や疑念を封じ込めようとあの手この手を繰り出している。

 

そもそも小沢一郎が自ら誰にでもわかるように疑惑について説明をしないから、間接情報を報道するしかない状況になっているのだ。それを棚に上げて情報のリークやマスコミを批判するのはお門違いだ。説明を渋る小沢一郎をまず批判するべきだ。

 

結局、小沢一郎が民主党のすべての権力を握っており、小沢一郎を批判すれば、民主党内で生きていけなくなるから、誰も表立って批判しないのだろう。それどころか、小沢一郎が窮地に立っているときに歓心を買おうとして、原口総務大臣などは頼まれもしないのにマスコミ批判をして墓穴を掘っている。まことに浅ましい根性だ。

 

いずれにしても、腫れ物に触るように、筋を曲げてでも権力者を守り、ご機嫌を取ろうとする態度は、北朝鮮の関係者の金正日に対する態度を連想させる。

 

このままいくと、民主党内だけでなく、国民も小沢一郎に対して批判のできない正真正銘の独裁国家になってしまうのではないか。

 

国民は、自民党に愛想をつかして民主党に投票したが、まさかこんな独裁体制になるとは夢想だにしていなかった。民主党内にも不満のマグマは溜まっているはずだ。自民党だけでなく、民主党も早く世代交代をしてもらいたい。

« バッハ「ヴァイオリン協奏曲集」ヒラリー・ハーン(Vn)、ジェフリー・カハネ(指揮)、ロサンジェルス室内管弦楽団 | トップページ | 横暴以外の何物でもない「チャレンジ25キャンペーン」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/33092634

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮を連想させる独裁民主党の異様さ:

« バッハ「ヴァイオリン協奏曲集」ヒラリー・ハーン(Vn)、ジェフリー・カハネ(指揮)、ロサンジェルス室内管弦楽団 | トップページ | 横暴以外の何物でもない「チャレンジ25キャンペーン」 »