2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 大人とガキの違い | トップページ | 外国人参政権? 民主党の狂気の提案 »

2010年2月21日 (日)

信用できない人間が「私を信じて」と言う

鳩山総理が20091113日のオバマ大統領との初会談で、普天間基地の移設問題に関し現行案の方向での解決に期待を持たせて「Trust me.」と言ったのに、直後の14日に前言を翻して米国側の信頼を失ったことは周知のとおりである。

 

もちろん、首脳会談での発言は一語一語が極めて重いものであり、舌の根が乾かないうちに発言を翻したりしてはいけないことは言うまでもない。しかし、それ以前の問題として、一国の宰相ともあろう人物が、「Trust me.」という発言をすること自体がおかしい。

 

ある人物が信頼に足りるかどうかは、物腰、表情、そして、言動の一貫性や説明の具体性によってわかるものだ。というか、それによってしか信頼は得られない。「信頼してください。」と言葉に出してお願いしなきゃならない時点で、既にその人物は信頼に足りる言動ができていないことを示している。

 

おそらく鳩山総理がオバマ大統領と会談した際、どのように普天間基地移設問題の解決に筋道をつけるか、自信ある態度を示すとか、具体的で説得力のあるプロセスを説明するとかができなかったのだろう。だから窮余の策として「Trust me.」と言うしかなかった。

 

一国の宰相にここまで言われてしまうと、オバマ大統領としても内心「こいつは信用できそうもないな。」と思っていたとしても、「I don’t think you are trustworthy.」とは言えないので、形式上、にっこりわらって握手をせざるを得ない。

 

ところが悪い予感が的中してやっぱり1夜明けたら全然違うことを言っている。きっとオバマ大統領はこれを聞いた時、椅子から転げ落ちたことだろう。

 

いずれにせよ、「私を信用してください」という人間を信用してはいけない。良くていい加減な人間、悪ければ詐欺師だろうから。

« 大人とガキの違い | トップページ | 外国人参政権? 民主党の狂気の提案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/33473906

この記事へのトラックバック一覧です: 信用できない人間が「私を信じて」と言う:

« 大人とガキの違い | トップページ | 外国人参政権? 民主党の狂気の提案 »