2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« なぜ排出量取引ありきなのか | トップページ | マーラー「交響曲第3番」インバル指揮東京都交響楽団[2010年3月31日都響スペシャル] »

2010年3月22日 (月)

党首・幹事長が悪い見本~“奴隷”となった日本国民

322日、北海道教職員組合から違法な政治献金を受け取っていた民主党衆議院議員小林千代美が議員辞職・離党をいずれもしないことを表明した。

 

参議院議員選挙前に補欠選挙が行われるのを避けるために辞職を引き伸ばしているものだとばかり思っていたが、裏切られた。

 

違法な政治献金を受け取っていたにも関わらず、その責任を一切とらないという厚顔、図々しさ、倫理感の欠如には呆れるばかりだ。北海道民は、本当にこんなにも腐った人間が自分たちの代表として国会議員の座に居座ることで本当にいいのか?

 

通常なら小林千代美のような傲岸さは許されるわけもなく、所属する政党の中からも処分を求める声が出てくるのが当たり前だが、何しろ民主党は党首・幹事長がそろって「政治と金」に関しては汚い人間で、責任を一切とらずに「知らなかった」で済ましている。

 

悪い見本が頭を勤めていれば、下の人間が潔く責任を認めるわけもなく、かく相成った次第なのだろう。

 

本当に民主党ってどうしてここまで徹底的に国民の期待を裏切ることばかりをするのか? このような野放図な行動がまかりとおるのも、すべては国会で多数を占めているからだ。


結局、その昔ルソーが「人民は、選挙期間中は自由であるが、選挙が終わってしまうとたちまち奴隷の身となってしまう」と言ったとおりのことが現代日本においても起きているのだ。

« なぜ排出量取引ありきなのか | トップページ | マーラー「交響曲第3番」インバル指揮東京都交響楽団[2010年3月31日都響スペシャル] »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/33887724

この記事へのトラックバック一覧です: 党首・幹事長が悪い見本~“奴隷”となった日本国民:

« なぜ排出量取引ありきなのか | トップページ | マーラー「交響曲第3番」インバル指揮東京都交響楽団[2010年3月31日都響スペシャル] »