2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 論文剽窃、経歴詐称も堂々とやれば... | トップページ | なぜ排出量取引ありきなのか »

2010年3月11日 (木)

ハート・ロッカーって?

2010年の米国アカデミー賞を6部門で受賞した映画「ハート・ロッカー」であるが、このタイトルの意味がわからない。

 

そもそも近年、原題をただカタカナで音訳する悪い習慣が映画界に蔓延しているが、これもそのひとつの例だ。

 

カタカナで「ハート」と書くと、普通はまずheartを思いつく。もうひとつhurtがある。学校でまじめに英語を勉強した人なら知らない単語ではないが、カタカナで書くほど日本語化してはいない。

 

次に「ロッカー」とくると、lockerだろうか。しかし、他にrockerという可能性も残る。

 

つまり、「ハート・ロッカー」という表記からは

 

heart or hurt

   ×

locker or rocker

 

と4通りの英語の組み合わせが考えられるのだ。こんなものをカタカナ表記するとは、この映画の日本配給元はとても頭の悪い人であるに違いない。

 

そして、調べてみると原題は「Hurt Locker」だった。アメリカ人でも馴染みのない言葉だそうだ。何でも「極限の苦痛を受ける場所」というような意味であるらしい。

 

「アバター」を押しのけてアカデミー賞を受賞したので、圧倒的なパブリシティでタイトルの意味はわからないままに、認知度は飛躍的に上がるだろうが、せめて副題でも日本語として意味のあるタイトルをつけてもらいたいものだ。

« 論文剽窃、経歴詐称も堂々とやれば... | トップページ | なぜ排出量取引ありきなのか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/33731637

この記事へのトラックバック一覧です: ハート・ロッカーって?:

« 論文剽窃、経歴詐称も堂々とやれば... | トップページ | なぜ排出量取引ありきなのか »