2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« マーラー「交響曲第3番」インバル指揮東京都交響楽団[2010年3月31日都響スペシャル] | トップページ | バッハ「マタイ受難曲」鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン(2010年4月3日) »

2010年4月 3日 (土)

末期的自民党

4月1日の両院議員懇談会では執行部への批判が噴出した自民党だが、いよいよ与謝野馨が離党に向けた動きを本格化するらしい。大物が次々に離党するようでは、もはや自民党は崩壊への一途をたどっていくのだろう。

 

与党の民主党があれだけ「政治とカネ」スキャンダルと、郵政に見られるような露骨な利益誘導政治の弊害をまき散らしているというのに、谷垣禎一総裁は野党としての務めを果たすことができていない。まことにふがいない様で、自民党の議員から公然と批判が出てくるのは当然だ。

 

とはいえ、そもそも先の総裁選挙で当て馬候補まで立てて無理やり谷垣禎一を総裁にしたのは何だったのか? 谷垣は、個人としてはとても善人そうに見えるが、組織のリーダーとしての資質を欠いている点では鳩山由紀夫とよく似ている。苦境にある組織を立て直すには、強い指導力が必要だ。やはり2世、3世のお坊ちゃんではだめだ。

 

その点、河野太郎は野党の党首としての才能を持っていると思われる。極端な意見をはっきりと言うので与党のリーダーとしては疑問もあるが、少なくとも野党の党首としては、鋭い舌鋒で効果的な民主党批判を展開して自民党の支持を回復するのに力を発揮したはずだ。政界3世ながら、のほほんとしておらず、むしろわがままいっぱいなところがうまく状況にフィットしている。

 

自民党をとりまく環境が劇的に変わってしまったにも関わらず、それを認識して必要な自己改革ができないのでは、典型的なダメ組織だ。自民党が再生することを期待するより、みんなの党が成長することを期待した方がよさそうだ。

« マーラー「交響曲第3番」インバル指揮東京都交響楽団[2010年3月31日都響スペシャル] | トップページ | バッハ「マタイ受難曲」鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン(2010年4月3日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/34057183

この記事へのトラックバック一覧です: 末期的自民党:

« マーラー「交響曲第3番」インバル指揮東京都交響楽団[2010年3月31日都響スペシャル] | トップページ | バッハ「マタイ受難曲」鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン(2010年4月3日) »