2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 国会議員は組織人ではない | トップページ | 問題なコマーシャル »

2010年5月 1日 (土)

読売日本交響楽団 シルヴァン・カンブルラン 第9代常任指揮者 就任披露演奏会

2010年5月1日 サントリーホール

 

フランス出身のカンブルラン(難しい名前だ)が読響の常任指揮者に就任しての初仕事シリーズのうちの1回。バルトーク、モーツァルト、ストラヴィンスキーという意欲的なプログラムのお買い得感につられて聴きに行った。

 

バルトークは、読響から色彩豊かな響きを引き出そうとしてある程度成功していたと思うが、いかんせん曲が地味なため、デモンストレーションには不向きだったのではないだろうか。オケコン、弦チェレ、ヴァイオリン協奏曲など、バルトークには好きな曲も多いのだが、「二つの映像」はちょっと魅力がわかりにくい。玄人好みのプログラミングだろう。

 

この日一番の名演はモーツァルトの「ジュピター」だった。第1楽章の始めからテンポを動かしたりして個性を発揮したが、ちょっと作為的にも感じられてどうなることかと思った。しかし、読響の弦楽セクションから極めて透明で軽い音色を引き出し、天国的な明るさを表現していた。特に第4楽章は表情に富んでおり、モーツァルト晩年の堂々たる傑作の真価を十分に堪能させてもらった。聴衆もこの演奏で一気に盛り上がりをみせた。

 

「春の祭典」は、オケの各パートの音が埋没せず、くっきりと聞こえる明快さが特長。このあたりは師匠ブーレーズの流儀を受け継いているのかもしれない。読響はリズム感のある、ダイナミクスの大きい演奏で指揮に応え、大編成オケの生演奏を聴く醍醐味を味わうことができた。ただし、比較的静かな部分はやや一本調子のように感じられることがあった。

 

アンコールでは、ストラヴィンスキーの「サーカスポルカ」を切れ味のある演奏で好演した。この曲は初めて聞いたが、ポルカをキュビズム風のパロディにしたもので、最後の方にはなぜかシューベルトの軍隊行進曲まで引用されていて、面白かった。

 

バルトーク: 二つの映像 作品10

モーツァルト: 交響曲41番 K.551

ストラヴィンスキー: 春の祭典

シルヴァン・カンブルラン指揮

読売日本交響楽団

« 国会議員は組織人ではない | トップページ | 問題なコマーシャル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/34477051

この記事へのトラックバック一覧です: 読売日本交響楽団 シルヴァン・カンブルラン 第9代常任指揮者 就任披露演奏会:

« 国会議員は組織人ではない | トップページ | 問題なコマーシャル »