2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« LIVING STEREO 60 CD COLLECTION | トップページ | 国民不在の権力闘争に明け暮れる民主党 »

2010年7月24日 (土)

人品卑しい鳩山由紀夫、小沢一郎

前総理大臣の鳩山由紀夫と前民主党幹事長の小沢一郎が、消費税の議論を持ち出したせいで民主党は参議院選挙に敗北したと、菅直人総理を公然と批判している。何と人品卑しいことか。

 

そもそも鳩山政権の普天間問題迷走と、鳩山+小沢のダブル政治資金スキャンダルのせいで政権支持率が10%台まで落ち込んだのだ(もちろんバラマキなど政策がひどいせいもある)。2人が辞任して菅直人が総理に就任して一気に支持率を挽回し60%台に回復した。確かに参院選での消費税をめぐる菅総理の発言は拙劣で、支持率に悪影響を及ぼしたのは間違いないが、それでも鳩山政権末期よりははるかに支持率を回復している。民主党にとっては救世主、功労者といってもよいくらいだ。

 

政党を民間企業に例えれば、党代表は社長、幹事長は副社長だろう。前社長と前副社長がそろって自分たちの後任である現社長の悪口を公の場で言う会社なんてありえない。そんな会社がもしあったら顧客や取引先の信用を失ってすぐに破綻してしまうだろう。

 

もし現社長の経営方針に異論があるとしたら、本人に直接こっそりとアドバイスするのがまともなやり方だ。まして前社長と前副社長の経営がめちゃくちゃだったために会社が傾いていたところで後任を引き受けた人に対して、サポートするどころか足を引っ張るなど言語道断だ。このように考えれば鳩山と小沢のやっていることがいかに利己的で下劣かわかるだろう。

 

鳩山由紀夫と小沢一郎は、自分たちの仕出かした不始末の落とし前も結局のところつけていない。それを棚にあげて菅直人のミスをあげつらうことで、自分たちの責任問題を過去のものにしてしまおうとしている。なんとも悪辣な連中であることよ。小沢一郎を次期総理になどと言っている人間も民主党にはいるようだが、気は確かか。

« LIVING STEREO 60 CD COLLECTION | トップページ | 国民不在の権力闘争に明け暮れる民主党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ようやく7月も終わる最中に全国でも最高気温35℃以上もあちこちで暑いですねー?本格的な真夏の8月になったらどうなんのよおう?みたいに映画:2012地球滅亡を恐れてます。共通するキーワード=「菅直人総理」を含むブログ記事:常におもしろい写真を貼ってますが、日本は更なる:ねじれ国会だかで乱れをなし、我々国民たるものテレビ・マスコミに政治家得意の裏金・献金とやらで、上手く騙されてる気がしてなりません。トラックバックをさせて戴きとう思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/35876477

この記事へのトラックバック一覧です: 人品卑しい鳩山由紀夫、小沢一郎:

« LIVING STEREO 60 CD COLLECTION | トップページ | 国民不在の権力闘争に明け暮れる民主党 »