2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年2月

2011年2月15日 (火)

チャイコフスキー、ヒグドン「ヴァイオリン協奏曲」ヒラリー・ハーン、ヴァシリー・ペトレンコ指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィル

301 ハーンがようやく去年チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のCDを出した。さすがはハーン、ソロ・ヴァイオリニストなら弾き飽きているだろうチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をひとひねりして演奏してみせた。

チャイコフスキーはもちろん濃厚にロマンティックな音楽だが、ハーンはそのロマンティシズムに自分が没入して一人称で語るのではなく、完全に相対化してみせたのだ。「ロマンティックな音楽を無邪気に演奏できた時代を懐かしむ」ロマンティシズムという、いわばメタ・ロマンティシズム(そんな言葉があるかどうか知らないが)だ。

それによって、19世紀から数え切れないほど演奏されてきたこの曲を、21世紀に生きる音楽家と聴衆がいまさら演奏し、聞くことの新たな意味を付け加えている。

ただし、その「メタ」を感じ取れない聴き手にとってはただのローキーな演奏に聞こえてしまうかもしれない。ハーンはいつものように完璧なテクニックで一音一音を正確に奏でる。テンポやダイナミクスを恣意的に動かすこともしない。しかし、その一音一音に意味をしっかりとこめて演奏しているのだが。

そういえばハーンのtwitterは、ヴァイオリン・ケースが語るという形式をとっている。ここにも一歩離れた所から物事を捉えることができるハーンの知性が反映しているのだろう。この人は賢いね。

なお、チャイコフスキーとカップリングされているヒグドンは、残念ながら後世に残る名曲だとは思えなかったが、fillerとしてはまあまあ悪くないのではないか。

Higdon & Tchaikovsky: Violin Concertos

Hilary Hahn, violin

Vasily Petrenko, conductor

Royal Liverpool Philharmonic Orchestra

Deutsche Grammophon    4778777

« 2010年11月 | トップページ | 2012年2月 »