2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« チャイコフスキー、ヒグドン「ヴァイオリン協奏曲」ヒラリー・ハーン、ヴァシリー・ペトレンコ指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィル | トップページ | 老化現象(2)尿の切れ »

2012年2月 4日 (土)

老化現象(1)-肩こり

アラウンド・フィフティーともなると、老化現象を自覚することがいろいろと出てくる。

振り返ってみると、最初に感じた老化現象は、肩こりだった。それまでも根をつめて作業をしたときなど、肩こりを感じることはあったが、一過性だった。ところが、30歳のとき、気を使う取引先の人と数時間差しで過ごした後、肩こりがしばらく治らなかった。


そして、38歳のときには、肩こりがつらくていてもたってもいられなくなり、初めてマッサージ屋の世話になった。それ以来、月に1回ほどマッサージを受けるのが習慣になった。


こりがひどくなってくると頭痛・吐き気が起きる。初めはこの因果関係がわからなかった。あるとき、夜寝ている最中に頭痛と吐き気で目が覚めてしまった。ちょうど二日酔いのような症状だ。しかし、この日は酒は一滴も飲んでおらず、二日酔いではない。鎮痛剤を飲んでしのいだが、こんなことが何度かあった。それで徐々に、肩こりと頭痛、さらには吐き気がつながっていることがわかった。


最近、街にめっきりマッサージ屋が増えた。ストレスが多く、運動不足のライフスタイルになってきていることもあるだろうが、高齢化もマッサージ市場の拡大につながっていることは間違いないだろう。


さて、そろそろまた今月もマッサージ行こうかな。

« チャイコフスキー、ヒグドン「ヴァイオリン協奏曲」ヒラリー・ハーン、ヴァシリー・ペトレンコ指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィル | トップページ | 老化現象(2)尿の切れ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442097/43987384

この記事へのトラックバック一覧です: 老化現象(1)-肩こり:

« チャイコフスキー、ヒグドン「ヴァイオリン協奏曲」ヒラリー・ハーン、ヴァシリー・ペトレンコ指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィル | トップページ | 老化現象(2)尿の切れ »