2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ

2014年9月

2014年9月16日 (火)

こむら返り

ここ何年か、就寝中のこむら返りに悩まされてきた。午前3時から午前5時という安眠の真っ最中に脚の筋肉が勝手に引きつれて激しい痛みが起き、目を覚まさせられてしまう。就寝中のこむら返りは若いころからたまに起きていたのだが、以前は引きつれるのがふくらはぎに限られており、しばらく我慢していると収まったので、さほど悩みの種にはなっていなかった。しかし、近年のこむら返りはしばらく我慢していても収まらず、また、ふくらはぎ以外の脚の小さな筋肉も引きつれるようになり、ふくらはぎが引きつれるのを抑えるために脚を反対側に伸ばそうとすると逆側の筋肉がつってしまうことも多い。そのため睡眠が妨げられる度合いが大きいのだ。元々睡眠時間が長い性質で、睡眠不足になると翌日一日中頭がぼーっとして生産性が落ちる。

テレビやネットで情報を収集し、実行した対策は次の2つだった。

1つは、就寝前にクエン酸を取ること。クエン酸の粉末も購入してみたが、量の調節が難しく、少しでも多すぎると酸味が強く飲みにくいので、ポッカレモン大さじ1杯分を水で薄めて飲むことにした。これでかなりこむら返りの発生頻度を抑えることができた。

もう1つがこむら返りに効くという漢方薬の芍薬甘草湯だ。こむら返りが起きそうな予感が強い日は寝る前に予防的にこれを飲む。飲まずに寝てこむら返りが起きてしまったときは頓服として飲む。これも効果はあるが、毎日飲むのはもったいない。

ということで、いずれの対策も完全ではない。

偶然、より効果が大きい方法が判明した。夕食後、カルシウム・マグネシウムのサプリメントを飲むことだ。以前から朝食後にカルシウム・マグネシウムのサプリメントを飲んでいたのだが、飲むタイミングを朝食後から夕食後に変えただけで劇的に効果があった。

こむら返りの原因のひとつにミネラルの不足が挙げられるが、1日に1回サプリメントを取れば栄養としてミネラルが不足することはないと思っていたため、飲むタイミングのことは気にしていなかった。しかし、別の機会に、カルシウムは夜のほうが吸収率が良いということを知り、飲むタイミングを変えたところ、吸収率の違いは体感できていないが、こむら返りの予防に効果があることが偶然わかった。夕食後に変えて以降、こむら返りがほとんど起きなくなったのだ。ポッカレモンや芍薬甘草湯が必要なくなった。

なお、カルシウムとマグネシウムのいずれか、または、両方がこむら返りの予防に効くのかはわからない。カルシウムだけのサプリメントも市販されているが、カルシウムだけを取りすぎるとマグネシウムの欠乏につながるらしいので、カルシウム2に対し、マグネシウム1の割合で含まれているものを選んでいる。

« 2014年5月 | トップページ