2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

一人一票実現国民会議

  • 一人一票実現国民会議

FireFox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
無料ブログはココログ

心と体

2014年9月16日 (火)

こむら返り

ここ何年か、就寝中のこむら返りに悩まされてきた。午前3時から午前5時という安眠の真っ最中に脚の筋肉が勝手に引きつれて激しい痛みが起き、目を覚まさせられてしまう。就寝中のこむら返りは若いころからたまに起きていたのだが、以前は引きつれるのがふくらはぎに限られており、しばらく我慢していると収まったので、さほど悩みの種にはなっていなかった。しかし、近年のこむら返りはしばらく我慢していても収まらず、また、ふくらはぎ以外の脚の小さな筋肉も引きつれるようになり、ふくらはぎが引きつれるのを抑えるために脚を反対側に伸ばそうとすると逆側の筋肉がつってしまうことも多い。そのため睡眠が妨げられる度合いが大きいのだ。元々睡眠時間が長い性質で、睡眠不足になると翌日一日中頭がぼーっとして生産性が落ちる。

テレビやネットで情報を収集し、実行した対策は次の2つだった。

1つは、就寝前にクエン酸を取ること。クエン酸の粉末も購入してみたが、量の調節が難しく、少しでも多すぎると酸味が強く飲みにくいので、ポッカレモン大さじ1杯分を水で薄めて飲むことにした。これでかなりこむら返りの発生頻度を抑えることができた。

もう1つがこむら返りに効くという漢方薬の芍薬甘草湯だ。こむら返りが起きそうな予感が強い日は寝る前に予防的にこれを飲む。飲まずに寝てこむら返りが起きてしまったときは頓服として飲む。これも効果はあるが、毎日飲むのはもったいない。

ということで、いずれの対策も完全ではない。

偶然、より効果が大きい方法が判明した。夕食後、カルシウム・マグネシウムのサプリメントを飲むことだ。以前から朝食後にカルシウム・マグネシウムのサプリメントを飲んでいたのだが、飲むタイミングを朝食後から夕食後に変えただけで劇的に効果があった。

こむら返りの原因のひとつにミネラルの不足が挙げられるが、1日に1回サプリメントを取れば栄養としてミネラルが不足することはないと思っていたため、飲むタイミングのことは気にしていなかった。しかし、別の機会に、カルシウムは夜のほうが吸収率が良いということを知り、飲むタイミングを変えたところ、吸収率の違いは体感できていないが、こむら返りの予防に効果があることが偶然わかった。夕食後に変えて以降、こむら返りがほとんど起きなくなったのだ。ポッカレモンや芍薬甘草湯が必要なくなった。

なお、カルシウムとマグネシウムのいずれか、または、両方がこむら返りの予防に効くのかはわからない。カルシウムだけのサプリメントも市販されているが、カルシウムだけを取りすぎるとマグネシウムの欠乏につながるらしいので、カルシウム2に対し、マグネシウム1の割合で含まれているものを選んでいる。

2012年4月 8日 (日)

老化現象(2)尿の切れ

30代半ば頃から尿の切れが悪くなった。トイレで小用を済ませたつもりが少し残っていて、ズボンを戻した後でちょろっと漏れることがある。こうなると、あわてて個室に駆け込み、トイレットペーパーで拭くことになる。

これは小用中に考えごとをしているときにだけ起きる。最初に経験したのは、希望とは違う職場に異動になり、心にわだかまりを抱いていたときだった。

どうやら、考えごとをしていると尿道括約筋が十分に緩まないようだ。虚心坦懐に用を足すように心がけることが必要だ。それがわかってからは粗相をする頻度は下がった。

考えごとが原因なら、もしかすると老化現象とは違うのかなとも思う。しかし、加齢とともに前立腺が肥大し、尿道を圧迫するらしいので、やはり関係しているのではないか。

2012年2月 4日 (土)

老化現象(1)-肩こり

アラウンド・フィフティーともなると、老化現象を自覚することがいろいろと出てくる。

振り返ってみると、最初に感じた老化現象は、肩こりだった。それまでも根をつめて作業をしたときなど、肩こりを感じることはあったが、一過性だった。ところが、30歳のとき、気を使う取引先の人と数時間差しで過ごした後、肩こりがしばらく治らなかった。


そして、38歳のときには、肩こりがつらくていてもたってもいられなくなり、初めてマッサージ屋の世話になった。それ以来、月に1回ほどマッサージを受けるのが習慣になった。


こりがひどくなってくると頭痛・吐き気が起きる。初めはこの因果関係がわからなかった。あるとき、夜寝ている最中に頭痛と吐き気で目が覚めてしまった。ちょうど二日酔いのような症状だ。しかし、この日は酒は一滴も飲んでおらず、二日酔いではない。鎮痛剤を飲んでしのいだが、こんなことが何度かあった。それで徐々に、肩こりと頭痛、さらには吐き気がつながっていることがわかった。


最近、街にめっきりマッサージ屋が増えた。ストレスが多く、運動不足のライフスタイルになってきていることもあるだろうが、高齢化もマッサージ市場の拡大につながっていることは間違いないだろう。


さて、そろそろまた今月もマッサージ行こうかな。

2010年5月17日 (月)

「傷はぜったい消毒するな-生態系としての皮膚の科学」夏井睦

Photo_2 長く愛読しているサイト「新しい創傷治療」の開設者である夏井睦医師による一般向けの著書だ。

 

1・2章は夏井氏が提唱してきた傷の湿潤治療の具体的な説明、3~9章はなぜ「消毒して乾かす」という科学的な根拠がなくむしろ傷を悪化させてしまう治療法が広く行われているのか医学界の内情をバラし、10・11章は生物学の根本に立ち返って湿潤治療の原理につながる生物の成り立ちを深く考察している。

 

湿潤治療のやり方を知りたいだけなら1・2章だけを読めば十分(というか、「新しい創傷治療」のサイトを見れば十分)だが、湿潤療法が理にかなっており患者が求める治療方法であるにも関わらず同僚医師や医学界から理不尽にも爪弾きにされてきた夏井医師がその恨み(?)をパラダイムの枠組みにまで昇華しただけでなく、生物の進化にまで立ち返って自らの理論を検証しようとする3章以降も知的好奇心を刺激する読み物として高い価値がある。

 

熱傷学会、褥瘡学会、大学病院に真正面から喧嘩を売っている9章は特に迫力がある。自分自身での人体実験を含め、多数の症例で湿潤療法の効果は実証されているにも関わらず、認めようとしない旧体制の面々に対する著者の決然とした態度はステキだ。

 

本書にいくつも具体例があるように、日本に限らず旧体制の人間が生きている間にはパラダイムの転換は起きないようだが、日本は「和を以て貴しとな」し、「幼長の序」を重んじるあまり、意見を自由に言ったり、オープンに議論を戦わせるといったことがとてもやりにくい社会である。

 

何が正しくて何が間違っているのかがはっきりしている場合には師の教えを一字一句暗記するだけで良いが、世の中におよそ絶対的な真理として間違いないことはとても少ない。どんな偉大な師であっても、もしかしたら間違っているのではないか、もしかしたらもっと良い方法があるのではないか、という真理の前での謙虚さは失ってはならない。

 

本書に対する、熱傷学会、褥瘡学会、大学教授からの科学的な反論があればぜひ読んでみたいものだ。

2009年5月 7日 (木)

アメリカ人も肩が凝る

アメリカ人は肩が凝らないものだと思っていた。かつてアメリカに住んでいたときに、肩こりに関する商品(例えば、日本でいえばサロンパスやアンメルツ、ピップエレキバンのようなもの)は見たことがなかった。また、「肩こり」に相当する英語表現も見聞きしたことがなかった。肩をもむとか肩をたたくという動作をしている人を見たこともなかった。

 

Caneleft しかし、最近アメリカのamazon.comでこのような商品が売られているのを偶然見つけた。ちょっと変な形をしているが、日本にも同様の商品は昔からある。J字型をした棒のカギの方の先端を肩に当てて引っ張ると、自分で肩をもむことができるのだ。

 

このアメリカの物は、さらに工夫がされていて、いくつかある突起を肩以外のツボに当てることで使い方の幅が広がっている。

 

こういう商品がamazon.comで紹介されているということは、アメリカでもこの手の商品の市場が広がっていることを示しているのかもしれない。カスタマーレビューが70件も投稿されていて、★★★★★が95%を占めているので、かなり好評を博しているようだ。

 

パソコンを使う人が増えており、一日中ディスプレイを見つめながらキーボードを打っていたら、人種民族を問わずやはり肩は凝るのだろう。

2009年4月29日 (水)

しゃっくりを止める方法

しゃっくりが止まらなくなると、みっともないし、長時間続くと気分も悪くなってくる。

 

しゃっくりを止める方法はいろいろな伝承があると思われるが、私が実践するのは次の二つだ。

 

最初に試すのはこれ。

 

1.深呼吸して息を止める。そして、息を止めたまま唾を3回飲み込む。

 

これで止まらないときは次に行く。

 

2.コップに氷数個と水道水をいっぱいに入れる(つまりコップいっぱいの氷水を作る)。この氷水を一気飲みする。一回で止まらなかったら繰り返す。

 

上記の方法で止まらなかったことは今までにない。

2009年2月19日 (木)

アミノ酸飲料を過信するな

もはやブームが過ぎた商品だが、いっときアミノ酸の入った飲料が大々的に売り出されていた。

 

アミノ酸は大事な栄養素だ。筋肉、皮膚、内蔵など身体のほとんどの組織はたんぱく質からでてきており、たんぱく質の部品になるのがアミノ酸だからだ。したがって、清涼飲料などからもアミノ酸を取るのは結構なのだが、問題は含有量だ。(以下の議論ではアミノ酸量=たんぱく質量とみなす。)

 

スポーツ用を謳っているものでも、1本500mLあたりアミノ酸が1~3グラム(10003000mg)程度しか入っていないものが多い。そもそも、1グラムと表示すればよいものをわざわざ1000mgなどと表示するところにも少ないものを多く見せかけようとする魂胆を感じる。

 

第6次改定日本人の栄養所要量によると、1日あたり女性は55グラム/日、男性は70グラムのたんぱく質を取るべきだとされている。適切な栄養のある食事をしているなら、1食で20~30グラムのたんぱく質を取っていることになる。

 

これにくらべるとアミノ酸含有を謳っている飲料の含有量がいかに少ないかがわかるだろう。もちろん取らないよりは取ったほうがいいのだが、食事で取る量に比べればたいしたことはないのを知っておいたほうがよいのではないか。例えば、卵1個で12グラムのたんぱく質が含まれている。

 

筋肉を付けたいなどでアミノ酸を大量に取りたいなら、プロテインの方が安価で手軽だ。

2009年2月 8日 (日)

ソイプロテインとホエイプロテイン

ホエイプロテイン(牛乳からチーズを作った後に残る乳清が原料)の方が吸収が早くて効果が高いというので、ずっとホエイを使用していた。

 

しかし、最近の食料高の影響でホエイプロテインが値上がりしたことと、ソイプロテイン(大豆から油を絞ったかすが原料)は吸収は遅いがそれに留意した摂取の仕方をすれば効果は変わらないという説明も見たので、ソイに変えてみた。

 

ソイは水に溶けにくい。ホエイは少量の水でも溶解して透明な溶液になるが、ソイはただ混ざっているだけで混濁している。水の量が少ないとドロドロになってしまい、「飲む」というよりは「食べる」感じになる。レモン汁を混ぜるとドロドロになりにくく、さらさらの懸濁液になって飲みやすい。

 

風味は、ホエイはものによっては獣臭いことがある。ソイは、粉っぽいが、嫌なにおいがすることはない。慣れれば風味を添加しなくても飲める。

 

ソイは腹持ちがいいといわれることがある。上述のとおりホエイは溶液になるので、飲んだ後すっと下がって行ってしまう。ソイはしばらく胃の中にとどまっている感じがある。ただし、たんぱく質を取るだけでは血糖値が上がることはないので、充実した満腹感のようなものを感じるわけではない。あくまでもホエイに比べれば多少腹にとどまる時間が長い程度だ。

 

ホエイを取りすぎるとおならが臭くなる。ソイも取りすぎるとおならが出るが、ホエイのようなたちの悪い臭さはない。周囲の人に迷惑をかける度合いが低くてすむ。

 

そして筋肉肥大効果についてだが、効果がはっきりするほど追い込んだり、測定したりはしていないので、残念ながらわからない。かなり本格的にやっている人でもソイの愛用者がいるようなので、効果はあるのではないだろうか。アミノ酸スコアが100のたんぱく質であることには変わりない。

2009年2月 2日 (月)

仮性包茎が直った

Boxer 青少年を騙す通信販売の広告みたいなタイトルだが、嘘はない。

 

20代も終わりになってから仮性包茎が自然に治った。「自然に」とは言ってもきっかけはあった。

 

下着をブリーフからボクサーパンツに替えただけだ。それを直すのが目的でボクサーパンツにしたわけではない。ブリーフが流行遅れになったので、人前でパンツ姿になるときのことを考えて人並みの格好をしようとボクサーパンツに替えただけだ。

 

ブリーフだとあれはぴったりと身体に押し付けられるので安定する。ボクサーだとぶらぶらするので最初のうちは落ち着かなかった。そういう状態にも慣れて気にならなくなっていくうち、いつのまにか仮性包茎も直っていたのである。

 

どうやらブリーフで押し付けられていたときに、窮屈な中で包皮も伸ばされた状態になっていたようだ。それが自由に自然な状態でいられるようになって、のびのびと本来の姿をとることができるようになったらしい。

 

ブリーフの弊害としては、本来冷却のために睾丸は体外に出ているのに、身体に押し付けられた状態になり、冷却が不十分になるという話も聞いたことがある。

 

どうやらブリーフはシルエットが安定するというメリットはあるものの、不自然な衣服であるようだ。おさらばして良かった。

 

ただし、仮性包茎でも別に見かけだけの問題なら、ことさら直すために何かしようとする必要はないだろう。青少年は騙されてはいけない。

2009年1月31日 (土)

男系継承の意義

NHKスペシャル「女と男」を興味深く見た。1回目と2回目では、女と男では脳の機能に違いがあること、女は採集と育児、男は狩猟に最適化していること、恋愛は子育てのためであることなどが説明された。ここまでは、これまでになんとなく感じていたことだったので、意外性はなかった。

 

3回目では、男性を決定する性染色体Yはいったん起きた損傷を修復できないため、損耗を続けていることが紹介された。Y以外の染色体は、2本で対になっているので、仮に一方の遺伝子に損傷が生じても、細胞分裂の際にもう一方から複写することで修復が可能だ。ところがYは1本しかないので、損傷が生じても修復することができずそのまま複製し父から息子に受け継いでいくしかない。そのため、1億6千年前にはY染色体にもX染色体と同様1000の遺伝子が載っていたが、損耗を続けて70にまで減ってしまった。

 

そのまま受け継がれていくしかないとすれば、できるだけ優秀なY染色体が多数残っていくことが人類にとって望ましい。どの男が優秀なY染色体を持っているのか容易に知ることはできないが、おそらく知力・体力ともに優れた男なのだろう。仮に優秀なY染色体を持っている男は支配者の地位につく確率が高いとすれば、現代以前にはどこでも一般的だったように、支配者は後宮を持って多数の子孫を残すことに生物学的な意義があることになろう。

 

Y染色体以外の染色体は、配偶の過程で遺伝子の組み換えが起こって変化していく。親子の間で変わらずに受け継がれるのは父から息子へのY染色体だけなのだ。遺伝子の知識のなかった時代に男系継承によってY染色体を継承する仕組みができたのは、長年の経験の中で父から息子にだけ伝わる何かがあることを察知していたのかもしれない。